スポーツ

蛯名正義氏 引退する田中清隆調教師、藤沢和雄調教師らへの感謝

藤沢和雄調教師(右)とともにパドックで出走馬の状態を見つめる蛯名正義氏

藤沢和雄調教師(右)とともにパドックで出走馬の状態を見つめる蛯名正義氏

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートする。蛯名氏による週刊ポスト連載『エビショー厩舎』から、今回は田中清隆氏や藤沢和雄氏ら引退される調教師の方々との思い出についてお届けする。

 * * *
 僕は現役時代にJRAで2万1183回騎乗しました。そのうち1091回騎乗して158勝と、騎乗数も勝利数も一番多かったのが田中清隆厩舎の馬です。

 そのキヨタカ先生が、この2月いっぱいで定年退職されます。

 僕が初めて田中厩舎の馬に乗ったのは1993年7月。開業して間もない厩舎で、とても活気があって、よく勝っているなあという印象。1995年にはリーディング8位になっています。

 初めて勝ったのは1994年の秋、ホッカイルソーの新馬戦でした。この馬にはその後もずっと乗せてもらってオープン特別を2勝、弥生賞でも2着に入り(勝ったのは僕がデビュー戦で騎乗したフジキセキです)、皐月賞、ダービーにも連れて行ってくれた。秋には菊花賞で3着に頑張ったし、古馬になってからは日経賞を勝たせてもらいました。

 その他にもレディパステル、ホエールキャプチャなど重賞を7つも勝たせてもらいました。キヨタカ厩舎のチームワークのよさは、蛯名厩舎でもお手本にしたいと思います。

 そして、今年の引退といえば、やはり藤沢和雄先生。あえて僕が説明するまでもなく日本競馬界の宝です。リーディングトレーナーになること14回、JRAのGIを34勝など重賞126勝。通算1563勝(2月6日終了時点)は今の厩舎システムになってからはもちろん歴代最多です。

 初めて美浦トレセンでお会いしたときのことは鮮明に覚えています。僕はまだ減量騎手でしたが、3頭ぐらい馬を連ねて馬場に入る時に声をかけていただきました。おお、この人なんか違うなと思いましたね、子供ながらに(笑)。全身からオーラが出ているようで、誰かに見られているなって振り返ると、そこにいらっしゃったなんてことはよくありました。

 1996年にバブルガムフェローで初めてGIを勝たせてもらいました。昨年はエフフォーリアが天皇賞(秋)を勝って年度代表馬にもなりましたが、25年前には3歳馬が出走するなんて考えられないことでした。旧来の常識にとらわれず、新しいことをやっていくのは大変なことだと思いますが、それをやってのけるだけの信念とバイタリティがあり、常に日本競馬をリードされていました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト