ライフ

カプセルトイがコロナ禍で人気 在庫リスク小さく、商品開発の冒険も可能

カプセルトイの市場は拡大している

コロナ禍の影響でショッピングモール内の店舗が軒並み閉店。その空きスペースにカプセルトイマシンが多数並ぶ

 硬貨を入れ、レバーを回し、ポンと出てきたカプセルを、「何が出るかな?」とワクワクしながら開けては一喜一憂する──このカプセルトイが、非接触で楽しめる手軽なエンターテインメントとして、コロナ禍で大ブームになっている。登場から57年、中身のおもちゃは進化し、大人も楽しめるようになったカプセルトイの、オモシロかわいい“いま”に迫る。

市場規模は過去、最大の450億円超

「コロナ禍で商業施設内の飲食店やアパレル関連のテナントが撤退。その空きスペースを有効活用しようと、電源要らず・店員要らずのカプセルトイマシンが多数置かれました。これが、いまのブームを後押ししています」

 とは、日本ガチャガチャ協会の小野尾勝彦さんだ(以下「」内同)。コロナ禍で旅行が難しくなり、外出といえば、スーパーマーケットや商業施設での買い出しくらい。そこにカプセルトイマシンがあれば、回してみたくなるというわけだ。

「現在、カプセルトイの市場規模は過去最大の450億円以上に急成長しています」

子供から大人の女性へ客層が変わりヒット

 日本にカプセルトイが登場したのは、いまから57年前。ペニイ商会がアメリカからマシンを輸入し、子供を対象に1個10円で販売し始めた。中身はキーホルダーや小さな人形が多く、レバーを回す楽しさ、何が出てくるかわからないワクワク感から、人気を博した。

「中のおもちゃは改良が重ねられ、1970~1980年代には『ウルトラマン』や『キン肉マン』などの特撮・アニメ作品の“ゴム人形”などが登場しました。この頃は小学生男子をターゲットにしていましたが、少子化の影響で、マーケットが縮小。これを打開しようと1995年頃から、大人の女性向けおもちゃが登場しました」

 それまでは、大人の女性がカプセルトイマシンを回すのは「恥ずかしい」という意識が強かったが、ディズニーキャラクターなどのかわいらしいフィギュアがカプセルトイに登場し、客層が広がった。

「なかでも爆発的にヒットしたのが、『コップのフチ子』シリーズ。コップなどのふちに引っ掛けられるようにデザインされたOLのフィギュアで、そのユニークさは、大人たちを魅了しました」

 その後の商品開発は、子供も大人も楽しめるものへと幅を広げ、いまでは毎月300種類以上の新作カプセルトイが発売されているという。

「カプセルトイは、完全受注生産で、売り切れると、基本的には再販しません」

 だからこそ、いまあるうちに手に入れたいというコレクター魂をくすぐるのだろう。また、集めたカプセルトイの写真をSNSに投稿する人も増えた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン