国内

【対談】尾木直樹×茂木健一郎 受験を語る「東大前刺傷事件は息苦しさの象徴」

教育評論家の尾木直樹氏と脳科学者の茂木健一郎氏が緊急対談

教育評論家の尾木直樹氏と脳科学者の茂木健一郎氏が緊急対談

 東大前刺傷事件や大学入学共通テストでのカンニングなど、受験をめぐるトラブルが相次いでいる。教育現場ではいったい何が起きているのか。教育評論家の尾木直樹氏と脳科学者の茂木健一郎氏が緊急対談した。【全4回の第1回】

 * * *
茂木:今年1月、大学入学共通テストの試験会場だった東大のキャンパス前で、17歳の高校生が3人を切りつけたのは、今の受験システムの息苦しさを象徴した事件でした。

尾木:彼が通っていた中高一貫校は14年連続国公立医学部医学科合格者数全国ナンバーワンで知られています。この学校には何回か講演に伺っていて、受験実績だけじゃない面をよく知っています。たとえば東日本大震災の際には金曜に生徒をバスに乗せて、日曜までボランティアに行っていたんです。

茂木:ええ? すごい。

尾木:医学部への進学が3人に1人と多いのも、こうした活動で医者になりたいという生徒が多くなっているからだと思うんです。ほかにもミュージカルの「宝塚」のパロディーで男子生徒が女装して舞台をやったり。男性でありながら女性になって、男性を演じるという難しいことをやる。

茂木:面白い。シアターエデュケーション(演劇を通じた教育)にジェンダー教育も入っている。

尾木:事件を起こした生徒は、この中高一貫校に高校から入ってきたんですね。生徒数の1割しか高校入学組はいません。この高校では特別な受験指導や授業はやらない。そんななか、高2の段階で「東大医学部は無理」となって、心が折れてしまったようです。

茂木:あの生徒も塾に通ってものすごく受験勉強して入学したんでしょうが、入ってみたら別世界だったと。

尾木:高校側は声明で、「コロナのせいで、今まで一番大事にしてきた密な体験やボランティア活動の大部分が中止となり、学校からのメッセージが届かなかった、もっとその影響に気がつくべきだった」という主旨の反省をしていました。つまり、良さがそぎ落とされた結果、単なる受験校のようになっちゃったということでしょうか。

茂木:コロナで大事なプロセスが抜けてしまったから、「東大医学部に合格する」ことに囚われた生徒が出てきてしまった。

尾木:あの高校で起きたことは他の受験校でも起きがちなので、学校側はそのリスクを自覚しないといけません。

(第2回へ続く)

【プロフィール】
尾木直樹(おぎ・なおき)/教育評論家、法政大名誉教授・1947年生まれ、滋賀県出身。早稲田大学卒業後、私立高校、公立中学の教師に。その後大学教員に転身し、合計44年間教壇に立つ。「尾木ママ」の愛称でテレビなどのメディアに出演。『「過干渉」をやめたら子どもは伸びる』(共著、小学館新書)など著書多数。

茂木健一郎(もぎ・けんいちろう)/脳科学者、作家。1962年生まれ。東京都出身。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学院理学系研究科修了。クオリア(感覚の持つ質感)を研究テーマとする。第4回小林秀雄賞を受賞した『脳と仮想』(新潮社)など著書多数。

※週刊ポスト2022年3月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン