国内

茂木健一郎氏が受験システムに警鐘「塾や予備校はいらない。ゼロでいい」

教育評論家の尾木直樹氏と脳科学者の茂木健一郎氏が緊急対談

教育評論家の尾木直樹氏と脳科学者の茂木健一郎氏が緊急対談

 東大前刺傷事件や大学入学共通テストでのカンニングなど、受験をめぐるトラブルが相次いでいる。教育現場ではいったい何が起きているのか。教育評論家の尾木直樹氏と脳科学者の茂木健一郎氏が緊急対談した。【全4回の第4回。第1回 第2回 第3回を読む】

 * * *
尾木:本当に大事なのは、基礎的な学力は必要かもしれませんが、「大学でこれを学びたい」「将来こういう仕事をしたい」という意欲であって、大学側の「こういう学生が欲しい」という要望とマッチングさせることです。

茂木:それを壊しているのが受験産業です。私は科学者ですから、科学の世界でどういうスキルが求められるかをよく知っています。AIやビッグデータなどで使われる数学やプログラム能力なんて、塾でくだらない受験指導を受けても身につかないですよ。英語力を上げたければ、TOEICなど含め英語のテストを全廃することです。

 先日、塾の先生と話していてびっくりしたんですが、小5までに小6のカリキュラムを終わらせて、その後、深掘りするんだって。早く終わったなら先に進めばいいのに。

尾木:ああ、中学で学ぶ内容は、中学受験に必要ないですからね。

茂木:そうそう。本当にくだらない。時間の無駄。

尾木:だから、日本も欧米と同じようにAO入試だけにすればいいんです。

茂木:欧米のAO入試は何時間も、場合によっては何日も面接をして合否を決める。優秀な生徒には大学側がオファーを出すこともある。ペーパーテストの点数で上から取るという日本の入試は、むしろ手抜きです。お金も手間もかけていない。

尾木:欧米に比べて日本は教育に予算をかけていないので、入試にお金や人員を割けないという問題もありますけどね。

茂木:中学受験や塾、予備校という文化が全くない国はあります。アメリカでも聞いたことがない。じゃあ、そういう国と比べて、日本では生きる力やイノベーションを起こす力の高い人たちが出てきているのかといえば、全くそんなことはない。はっきり言いますが、私は塾や予備校はいらないと思う。ゼロでいい。

尾木:受験システムの背景にあるのは、我が子の就職を心配する親の気持ちだと思います。現実問題、学歴による就職差別はありますし、だからこそ親は塾に入れていい大学に行かせようとします。

 それは理解できますが、今、就職という発想自体が変わりつつあります。企業に就職するのではなく、学んだことや研究をもとに自ら起業したりして仕事を「創ろう」と考える学生が増えてきています。大きく儲けられはしないけど、収入になるならいいやと。私たちの時代には出てこなかった発想です。そうすると、学歴信仰も変わってくるんじゃないでしょうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン