芸能

小日向文世、どんなに売れても変わらない妻「行ってきますのキス」は欠かさず

(撮影/高柳茂)

映画やテレビに引っ張りだこの小日向文世の原動力とは?

 深津絵里(49才)、寺島しのぶ(49才)、そして竹下景子(68才)──名だたる女優の夫役に抜擢される俳優・小日向文世(68才)。しかし、彼にとって最も自分を輝かせる女性は、39才のときに結婚した11才年下の妻のようだ。

 近頃、小日向は乗りに乗っている。放送中のドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)では、菅田将暉(29才)演じる主人公・整の隣のベッドに入院する定年退職後の刑事役を熱演し、話題になった。

 4月からは連続ドラマ『嫌われ監察官 音無一六』(テレビ東京系)に主演する。

「過去にスペシャルドラマとして放送されてきた人気シリーズの連ドラ化です。小日向さんは、主演だけにセリフがかなり多いので、“記憶力との闘いだ!”と必死です。

 68才で主演を果たした後はしばらく休むのかと思いきや、仕事の予定は2~3年先まで埋まっているというから、驚きました」(テレビ局関係者)

 彼の元気のもとを関係者に取材すると、多くの人が「家庭が安定しているからですよ」と答える。

「奥さまはかつて小日向さんと同じ劇団に所属していた舞台女優。引退したいまは、かなりの多趣味で知られています。料理教室に通ったり、ワインにも相当詳しい。

 それに、編み物の腕もプロ並みです。飼っているトイプードルの服を編むのにハマっているみたいです。

 飲み会にも参加せず、いつもまっすぐ家に帰る小日向さんは、奥さまと過ごす時間でパワーをチャージしているんですよ」(舞台関係者)

 ふたりが結婚したのは1993年。23才から俳優の道を歩んでいた小日向は当時、ほぼ無名の俳優だった。結婚後、長男に恵まれるがほどなくして所属していた劇団が解散。映像の世界に転身するが、42才の新人には、仕事が用意されていなかった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

紀子さま(9月24日撮影、EPA=時事)
【宮内庁騒然】紀子さまが「美智子さまを“皇后”」「ベトナム訪問を“旅行”」と表現されて
NEWSポストセブン
落合博満氏と渡邉恒雄氏の「約束」とは(時事通信フォト)
【待望論】巨人・原監督辞任なら落合博満監督の誕生はあり得るのか 退団時の渡邉オーナーとの約束
NEWSポストセブン
木村拓哉
【全文公開】木村拓哉、「事務所を立て直す」の強い思いで積極的に“全方位外交” 因縁を越えてDA PUMPのライブも訪問
女性セブン
復帰となるか
「最新手術」「二刀流継続」「新チームへの移籍」大谷翔平の“選手生命を左右する3つの賭け”
女性セブン
ジャニーズ事務所
大野智が描いた「ジャニー氏の肖像画」はもう1枚あった? 宮古島のバーに飾られた“ダークな男性の顔の絵”
女性セブン
退職届の提出が報じられた木村玉治郎(時事通信フォト)
三役格行司・木村玉治郎の退職届騒動のウラ側にあるのは「約9年ぶりの『木村庄之助』誕生と年功序列人事の弊害」か
NEWSポストセブン
10月には32才となる眞子さんと、小室氏
小室圭さん、セレブ人脈を期待され重要任務に引っぱりだこ 「表舞台から離れたい」眞子さんの希望は遠のくばかり
女性セブン
降谷建司
《MEGUMIと離婚へ》降谷建志は「モンスト」ガチ勢、不倫相手・A子さんも「真っ赤なプロTシャツ」 2人は「ストライカー仲間」だった
NEWSポストセブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦結婚で「地元の人達は知っていた」相手の素性がなかなか広がらなかった理由
NEWSポストセブン
フィリピン・マニラ首都圏にある入国管理局「ビクタン収容所」入り口の検査場。特殊詐欺グループから発展した広域強盗事件の指示役は収容所のなかから指示を出していたと言われている(時事通信フォト)
特殊詐欺グループの拠点「ハコ」事情 駅近、住宅街、非築浅マンション4~9階が選ばれる傾向
NEWSポストセブン
不倫相手ら“モンスト仲間”との密着写真を撮影していた降谷建志
《密着写真》MEGUMI最愛の息子と不倫相手が一緒に……我慢できなかった夫・降谷建志の“モンスト仲間”パリピ女子との不貞
NEWSポストセブン
羽生と並んで写真に収まる末延さん(写真はSNSより)
羽生結弦に飛び交う「もう別居」情報 元バイオリニストの妻は仙台とは別の場所に拠点、同居にこだわらぬスタイルか
女性セブン