芸能

小日向文世、どんなに売れても変わらない妻「行ってきますのキス」は欠かさず

(撮影/高柳茂)

映画やテレビに引っ張りだこの小日向文世の原動力とは?

 深津絵里(49才)、寺島しのぶ(49才)、そして竹下景子(68才)──名だたる女優の夫役に抜擢される俳優・小日向文世(68才)。しかし、彼にとって最も自分を輝かせる女性は、39才のときに結婚した11才年下の妻のようだ。

 近頃、小日向は乗りに乗っている。放送中のドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)では、菅田将暉(29才)演じる主人公・整の隣のベッドに入院する定年退職後の刑事役を熱演し、話題になった。

 4月からは連続ドラマ『嫌われ監察官 音無一六』(テレビ東京系)に主演する。

「過去にスペシャルドラマとして放送されてきた人気シリーズの連ドラ化です。小日向さんは、主演だけにセリフがかなり多いので、“記憶力との闘いだ!”と必死です。

 68才で主演を果たした後はしばらく休むのかと思いきや、仕事の予定は2~3年先まで埋まっているというから、驚きました」(テレビ局関係者)

 彼の元気のもとを関係者に取材すると、多くの人が「家庭が安定しているからですよ」と答える。

「奥さまはかつて小日向さんと同じ劇団に所属していた舞台女優。引退したいまは、かなりの多趣味で知られています。料理教室に通ったり、ワインにも相当詳しい。

 それに、編み物の腕もプロ並みです。飼っているトイプードルの服を編むのにハマっているみたいです。

 飲み会にも参加せず、いつもまっすぐ家に帰る小日向さんは、奥さまと過ごす時間でパワーをチャージしているんですよ」(舞台関係者)

 ふたりが結婚したのは1993年。23才から俳優の道を歩んでいた小日向は当時、ほぼ無名の俳優だった。結婚後、長男に恵まれるがほどなくして所属していた劇団が解散。映像の世界に転身するが、42才の新人には、仕事が用意されていなかった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト