国際情報

【池上彰×横田増生対談】トランプ氏、ウクライナ侵攻の間隙を縫い存在感増す

トランプ氏の存在感が増す理由とは(写真/EPA=時事)

トランプ氏の存在感が増す理由とは(写真/EPA=時事)

 ロシアによるウクライナ侵攻は、世界情勢を激変させるインパクトをもたらした。なかでもアメリカでは、これに伴いバイデンの失速とトランプの復活という奇妙な現象が起きている。テレビ解説でもおなじみの池上彰氏が、話題の新刊『「トランプ信者」潜入一年 私の目の前で民主主義が死んだ』の著者・横田増生氏と語り合った。【全3回の第1回】

共和党が「トランプ党」に

横田:ついにロシアがウクライナに侵攻しました。

池上:際立つのはバイデン大統領の弱腰です。彼は事前にロシア軍がウクライナに侵攻した際の対応を問われて、「軍事力を使うことは検討していない」と語りました。これでプーチン大統領は安心して軍を動かすことができた。外交の定番として「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」と言うべきだったのに、素人のような発言でした。

横田:その間隙を縫って存在感を増しているのが前大統領のトランプです。ロシア軍の侵攻開始後、「俺が大統領ならこれは起きなかった」「我々の指導者は愚かだ」と早速バイデンを批判しました。

池上:自分が大統領の時はロシアに弱腰で「プーチンを尊敬している」とまで言っていたのに、手の平を返してバイデンを叩いていますね。

横田:確かに大統領時代のトランプは、ロシアに弱みを握られていると囁かれるほど及び腰でした。過去にモスクワのホテルで複数の売春婦に変態プレイをさせていたところを隠し撮りされたとの噂もありました。

池上:大統領選の頃からトランプはバイデンを「スリーピー・ジョー(寝ぼけたジョー)」と揶揄していました。バイデンが大統領に就任してアフガニスタンから撤退した時も「米国史上最大の外交政策の敗北」と糾弾した。でもそもそもアフガンから撤退を決めたのはトランプでした。

横田:そのあたりの事実関係がメチャクチャですよね。それなのに共和党内でトランプの人気が高まっています。昨年1月6日、トランプ支持者が連邦議事堂を襲撃して多数の死傷者を出す事件が勃発してトランプの政治生命は尽きたと思いましたが、ここに来て復活しました。

 トランプは連邦議事堂襲撃の弾劾裁判で弾劾に回った共和党の議員に復讐の攻撃を仕かけて、次々と追い落としています。もはや共和党にトランプに逆らえる議員はほとんどおらず、共和党が「トランプ党」になった。

池上:このタイミングで新たなSNSもスタートしました。トランプは連邦議事堂襲撃を煽ったとしてツイッターとフェイスブックのアカウントを凍結されたのですが、2月末に独自SNS「トゥルース・ソーシャル」のサービスを始めた。初日には待ち構えていたトランプ支持者が申し込みに殺到して、サーバーが止まる人気ぶりでした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト