ライフ

公募川柳がひそかなブーム 「シルバー川柳」には昨年1.6万作の応募も

川柳教室に通う人も増えているという(イメージ)

川柳教室に通う人も増えているという(イメージ)

〈全集中 しても開かない 瓶の蓋〉、〈「密です」と 言われてみたい 頭頂部〉。これらの句は、全国有料老人ホーム協会が毎年公募する「シルバー川柳」の昨年の入選作品だ。

 ユーモアや悲哀、世相を五・七・五で表現する川柳が今、ひそかなブームだ。シルバー川柳の広報担当者が語る。

「例年は約1万2000~1万3000作のところ、昨年は約1万6600作の応募がありました。特にテーマは設定していませんが、クスッと笑える力作が集まります」

 人生の機微を表現する川柳は、歳を重ねるほどに良作を生みやすくなるという。千葉県に住む勝又康之さん(79)は、70歳で川柳の魅力に開眼。今では数々の公募川柳に投句している。

「新聞や雑誌への投句から始め、地元の川柳教室にも通って仲間と切磋琢磨しています。ボケ防止や社会を考える良い機会になり、初めて新聞に掲載された時は本当に嬉しかったですね」

 NPO法人シニア大樂で、川柳教室「しにあせん(シニア川柳)」を主宰する藤井敬三氏もブームの広がりを実感する。

「教室には約70人が参加し、最高年齢は92歳です。たった17文字の短い言葉に意味を込める川柳は頭の体操になるし、入選すれば大きな励みになる。なかには応募を生きがいにしている方もいます」

 川柳学会専務理事で十六代目川柳の尾藤川柳氏は、「公募の賞での入選を目指すことこそが醍醐味」だと語る。

「現在、公募川柳は年間100以上あります。季語や切れ字(※「や」「かな」「けり」などを句に用い、感嘆や詠嘆を表わす俳句の技法)などの制約がある俳句と比べ、ハードルが低く参加しやすい。

 江戸時代中期に柄井川柳が七・七の前句を出題し、参加者がその後に続く五・七・五の付句を競ったのが川柳の始まりといわれ、公募が基本です。その後は衰退期もありましたが、新聞川柳や1987年にサラリーマン川柳が生まれ、人気が復活しました。川柳は公募の仕組みによって長く支えられてきた独特の文化なのです」

 ここ10~20年で様々な公募川柳が登場した。高血圧川柳や介護川柳、相続川柳など暮らしと密接に関連するものや、企業が自社PRのために賞金を用意するものもある。なかには大賞で10万円クラスのものもある(別掲表)。

※週刊ポスト2022年3月18・25日号

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト