芸能

名人戦に挑む斎藤慎太郎八段 将棋の楽しさは「無言のコミュニケーション」

斉藤

詰将棋好きな”西のイケメン王子”、斎藤慎太郎八段

 藤井聡太竜王(19才)の大活躍で将棋ブームの真っ只中だが、彼よりもいち早く「名人」への挑戦権を得たのが斎藤慎太郎八段(28才)。4月に開幕する名人戦七番勝負で渡辺明名人(37才)に挑む。斎藤八段に話を聞いた。

「将棋との出会いは小学校に上がる少し前。当時通っていた学習塾の『公文』に置いてあった将棋の入門書を手に取ったのがきっかけです。将棋のルールは全く知らなかったのですが、トランプやカードゲームが好きだったので、同じようなものかと思って惹かれました。両親も“興味があるならやってみたら”という感じで、小学1年生から本格的に将棋教室に通い始めました。

 その後、高校3年生でプロになることができました。学生の頃は早くプロにならなければという焦りもありましたが、焦ると成績も落ちてしまう。そういうときに、師匠の存在は大きかったです。プロ棋士になるためには師匠に弟子入りしなければならないのですが、実際にプロへの道を通ってきたかたの言葉にはやはり含蓄がありますから。

 私は、様々な世代のかたと交流できるのが将棋の魅力だと思っています。たとえばスポーツの世界だと、プロ選手は10代から20代がメインですよね。でも将棋は60代、70代の現役棋士もいる。私も20才前後くらいで加藤一二三先生と対局をしたことがあります。対局中に会話をすることはないのですが、棋譜を通じて相手の性格や考え方は伝わってくる。その無言のコミュニケーションが楽しいんです」

Q.休日の過ごし方は?
「料理が好きで、最近はトマト料理をいろいろ作っています。料理の、何を作るか決めてから材料を集め、それに合う調味料を揃え……と頭の中で組み立てていくところが、将棋に似てるなと思うんです」

【プロフィール】
斎藤慎太郎(さいとう・しんたろう)/棋士番号286。1993年4月21日生まれ、奈良県出身。2004年9月に奨励会に入会し、2012年4月にプロ四段となる。先日行われた名人戦・A級順位戦で開幕8連勝し名人挑戦権を獲得した。

撮影/恵原祐二

※女性セブン2022年3月24日号

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン