ライフ

最新作『ななみの海』朝比奈あすかさんインタビュー「希望を託すつもりで書いた」

朝比奈あすか

前作『翼の翼』が話題を呼んだ朝比奈あすかさんが最新作『ななみの海』を語る(撮影/政川慎司)

【著者インタビュー】朝比奈あすかさん/『ななみの海』/双葉社/1760円

【本の内容】
 高校2年生のななみは、ダンス部に所属し、《快活でおしゃれなみえきょん、勝気でリーダー気質の瀬奈、成績優秀お嬢様のズミ》と仲がいい。3人と違うのはななみが「家の子」ではなく、「寮の子」であること。名称に「寮」がつく児童養護施設に暮らしている。寮の門限やスマホの利用制限に理不尽を感じながらも、医者になるために勉強もがんばっていた。両親が亡くなった後、ななみを育てたおばあちゃんの《ななみは、たまたまの巡り合わせでこういうことになってしまっただけで、施設の子とは違う。馬鹿にされちゃアいけない》という言葉が理由だったがー大人と子供、友達、部活、恋愛、受験、そして将来……悩み苦しみながらも人生の扉を開く子供たちの姿を活写した青春小説。

私はくりかえし忘れることを自分に許していた

 保護者による児童の虐待死があとをたたない。

「ニュースを見るたび、打ちのめされて、やりきれなくて。なんとかしなきゃと思うのに、しばらくすると忘れてしまう。あるとき、私はくりかえし忘れることを自分に許しているって気づいたんです」(朝比奈さん・以下同)

 朝比奈さんに言われて、ハッとする。確かにそのとおりで、虐待死が報じられるたびに憤り、その子の死を悼むけれど、なかなか自分の行動に結びつかない。

「この瞬間も殴られている子がいるかもしれないんだなって、考える時間が増えていきました。野田市(千葉県)の虐待死事件のあと、児童相談所を責める声がすごく強かったんですね。でも、私たちは、その人たちにすごく頼っている面があるのに。24時間、365日子どもと向き合っている人が現実にいて、その人たちをもっと支えるにはどうしたらいいのか。子どもたちが引き取られていった施設ではどんな暮らしをして、どういう人が周りにいるのか知りたいと編集者と話していたら、じゃあ取材してみませんか、ということになりました」

 3つの施設を見学できることになり、職員から話も聞いた。取材したのは2020年2月から3月にかけてで、もう少し取りかかるのが遅ければ、コロナ感染の拡大で、取材そのものができなかったかもしれなかった。

「最初は施設の職員を主人公にすることも考えたんですけど、17、18歳の女の子の視点で世の中を見る小説を書きたいと、だんだん考えがまとまっていきました。

 日本では基本的に18歳になると施設を出て、自立しなければいけないんです。少しずつ変わりつつあるんですが、苦しい思いをしてなんとか生き延びた子どもが、後ろ盾も帰れる場所もないまま、18歳で世の中に出ていかなければならないなんて、どんな気持ちがするだろうと思います」

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン