国内

裁判で「みんな葬儀社からワイロ」証言の衝撃 神奈川県警の特殊体質

被告が“もらっていたもの”が波紋を広げている(写真は神奈川県警察本部。時事通信フォト)

被告が“もらっていたもの”が波紋を広げている(写真は神奈川県警察本部。時事通信フォト)

 遺体搬送業務を巡る汚職事件で受託収賄の罪に問われていた神奈川県警の元警部補・加藤聖被告(49)の判決が3月15日に横浜地裁で行なわれ、懲役2年6か月の求刑に対して懲役2年6か月・執行猶予4年の有罪判決が言い渡された。公判を通じて、神奈川県警の組織体質や慣習の問題が浮き彫りになった一面もあり、信頼回復のための取り組みが急務となりそうだ。

 加藤被告は警察が扱う遺体を特定の葬儀会社にあっせんした見返りとして、現金127万円と68万5000円分のQUOカードを受け取っていたとされる。公判では「神奈川県警内のすべての警察署で葬儀会社からビール券などの金券提供があった」と証言し、検察側は「警察官の職務に対する社会の信頼を失墜させた」と指摘するなど、その発言が大きな注目を集めてきた。

 事件に巻き込まれたり、何らかの理由で発見された遺体を警察官が自分の利益のために利用しているとすれば、あってはならないことだ。加藤被告の供述通りのことが常態化しているのだろうか。元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏によれば、神奈川県警と葬儀社には“特殊な関係”があったという。

「死因不明の遺体が上がると、刑事は現場に駆けつけて現場検証をしたうえで死因を特定するために監察医がいる病院か警察署の霊安室まで搬送します。警視庁や他の県警では通常、搬送車両を所有しているのですが、なぜか神奈川県警には車両がありません。そのため、1つの署につき年間200体以上は上がる変死体を搬送するのにその都度、葬儀社に頼らざるを得ない事情がある。加藤被告の現金と商品券合わせて約200万円を受け取るというのはあまりに極端なケースですが、葬儀社と警察官が近づきすぎる懸念のある環境があったのはたしかでしょう」

 医師が看取った場合などを除き、事件性があるかないかに関係なくほぼすべての遺体は変死体として扱われる。厚生労働省の死因究明等推進本部事務局作成の資料によると、令和元年の神奈川県警の死体取扱数は約1万2300体。全54署ある神奈川県警で、1つの署につき年間200以上の変死体を扱う計算になる。搬送車両のない神奈川県警では、その度に担当刑事が葬儀社を呼ぶため、それだけ関係性は深くなるというのだ。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン