芸能

玉山鉄二 13年ぶりの主演映画公開目前で一際目立つ「雀荘通い」

映画『今はちょっと、ついてないだけ』にて、13年ぶりに主演を務めた玉山鉄二(時事通信フォト)

映画『今はちょっと、ついてないだけ』にて、13年ぶりに主演を務めた玉山鉄二(時事通信フォト)

 3月11日の深夜、東京・渋谷区にある雀荘には俳優・玉山鉄二(41)の姿があった──。金曜日の夜ということもあってか店内は仕事帰りのサラリーマンなどで賑わっていたが、身長182cmの玉山の姿は一際目立っていたという。店内に居合わせた男性客が言う。

「玉山さんは黒いキャップに黒縁メガネをかけていました。飲食の際はマスクを外されていましたが、無精ヒゲを生やしていてワイルドでした。以前も同じ雀荘で隣の卓だったことがあるので、かなり麻雀がお好きな方なんでしょうね(笑)。

 玉山さん以外の3人は40~50代くらいの業界人風で1人は女性、気の置けない仲間との麻雀といった雰囲気でしたね。玉山さんは途中、振り込んだのか周囲に聞こえるような大きな声で『あ~、クソっ、これ当たるのか』なんて、ワイワイ盛り上がっていました。かなり遅い時間に帰られていましたが、我々が入店した22時頃にはすでにいたので、随分盛り上がっていたようですね」

 京都府出身の玉山は、1999年に俳優デビュー。順調にキャリアを重ね、2014年にはニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝をモデルにしたNHKの連続テレビ小説『マッサン』でドラマ初主演を務めた。近年はNetflixの話題作『全裸監督』シリーズに出演するなど、演技派のバイプレイヤーとしても引っ張りだこだ。

 まさに「売れっ子」だが、麻雀というと気になるのが「賭け」をしていないかという点だ。最近は人気YouTuberらの「賭け麻雀疑惑」が問題視されるなど世間からコンプライアンスに対して厳しい目を向けられるようになった。

 玉山は4月8日から、13年ぶりに主演を務めた映画『今はちょっと、ついてないだけ』の全国公開が控えているだけに気がかりである。当日の様子について聞くと、事務所を通じてこう回答した。

「一緒にいたのは趣味仲間の友人です。この雀荘にはたまたま行きました。麻雀店の利用料と飲食代は支払いましたが、賭け麻雀をすることは一切ありません」

 仕事は絶好調の玉山。賭け事は“リーチ一発アウト!”となる時代だけに、健全に楽しみたい。

※週刊ポスト2022年4月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト