芸能

『カムカム』は「膨らみのある群像劇」 過去の脇役たちがやたらに気になる

爽やかなオフィシャル写真(NHK公式HPより)

爽やかなオフィシャル写真(NHK公式HPより)

 作品が重層的であればあるほど視聴者のロイヤリティは増すものだ。今期の朝ドラは明らかにその傾向がある。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 怒濤の回収劇に突入したNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。過去と現在が交錯し、久しぶりに見た懐かしい顔に感激する一方で、やや混乱も。

 3月17日の回では、喫茶店「「Dippermouth Blues(ディッパーマウス・ブルース)」店主の定一さんが登場したと思ったら、それは息子の健一さんでした。演じているのが定一役だった世良公則さん。父親と息子とを上手に演じ分けた世良さんに拍手喝采です。

 このドラマではこれまでにも「親と子を同じ人が演じるパターン」が出てきました。たとえば尾上菊之助さんが「モモケン」こと桃山剣之介の初代と二代目を演じたり、堀部圭亮さんが荒物屋「あかにし」の店主・赤螺吉兵衛と息子の親子の二役で笑いをとったり。何とも遊び心のある演出です。

 いや、演出や配役の遊びだけではなく、このドラマが持つ深いテーマ--巡っていく円のようなもの(制作統括・堀之内礼二郎氏)を表しているようです。

 その一方で、安子に恋した若い勇ちゃんを演じて爽やかな味を出していた村上虹郎さんが、年老いたら何と目黒祐樹さんになって出てきたり。村上さんの再登場を期待したこちらとしては一瞬「がくっ」ときたけれど、いやいやそう悪くもない。勇ちゃんって何となくこんなオジサンになりそうだ。目黒さんの演技のさじ加減が見事でした。

 そしていよいよ安子(上白石萌音)が娘・るい(深津絵里)を一人残して渡米した謎が解かれる山場を迎えていく。ワクワクしつつも、謎が解かれてしまったら物語に幕が引かれてしまうとロスにおびえる日々。

 はてさて安子はどのようにるいと再会するのか。という物語の筋を追うのも興味深いのですが、もう一つ、このドラマには不思議に関心をかきたてる点があります。

「そういえばあの人どうしているのかな」と過去の脇役たちがやたらに気になる点です。ささやかなエピソードがふと思い起こされたり顔が浮かんだり。今元気だろうか、何をしているのだろうかと妙に懐かしい。

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト