芸能

『カムカム』は「膨らみのある群像劇」 過去の脇役たちがやたらに気になる

爽やかなオフィシャル写真(NHK公式HPより)

爽やかなオフィシャル写真(NHK公式HPより)

 作品が重層的であればあるほど視聴者のロイヤリティは増すものだ。今期の朝ドラは明らかにその傾向がある。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 怒濤の回収劇に突入したNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。過去と現在が交錯し、久しぶりに見た懐かしい顔に感激する一方で、やや混乱も。

 3月17日の回では、喫茶店「「Dippermouth Blues(ディッパーマウス・ブルース)」店主の定一さんが登場したと思ったら、それは息子の健一さんでした。演じているのが定一役だった世良公則さん。父親と息子とを上手に演じ分けた世良さんに拍手喝采です。

 このドラマではこれまでにも「親と子を同じ人が演じるパターン」が出てきました。たとえば尾上菊之助さんが「モモケン」こと桃山剣之介の初代と二代目を演じたり、堀部圭亮さんが荒物屋「あかにし」の店主・赤螺吉兵衛と息子の親子の二役で笑いをとったり。何とも遊び心のある演出です。

 いや、演出や配役の遊びだけではなく、このドラマが持つ深いテーマ--巡っていく円のようなもの(制作統括・堀之内礼二郎氏)を表しているようです。

 その一方で、安子に恋した若い勇ちゃんを演じて爽やかな味を出していた村上虹郎さんが、年老いたら何と目黒祐樹さんになって出てきたり。村上さんの再登場を期待したこちらとしては一瞬「がくっ」ときたけれど、いやいやそう悪くもない。勇ちゃんって何となくこんなオジサンになりそうだ。目黒さんの演技のさじ加減が見事でした。

 そしていよいよ安子(上白石萌音)が娘・るい(深津絵里)を一人残して渡米した謎が解かれる山場を迎えていく。ワクワクしつつも、謎が解かれてしまったら物語に幕が引かれてしまうとロスにおびえる日々。

 はてさて安子はどのようにるいと再会するのか。という物語の筋を追うのも興味深いのですが、もう一つ、このドラマには不思議に関心をかきたてる点があります。

「そういえばあの人どうしているのかな」と過去の脇役たちがやたらに気になる点です。ささやかなエピソードがふと思い起こされたり顔が浮かんだり。今元気だろうか、何をしているのだろうかと妙に懐かしい。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン