• TOP
  • 山下柚実 最新ドラマ時評

山下柚実 最新ドラマ時評一覧

番組公式HPより

竹内涼真『テセウスの船』が『麒麟がくる』を凌駕してい…

 最近は録画視聴が当たり前になっているとはいえ、ほぼ同時間帯に放送されるドラマとなればそのクオリテイの差はどうしても気になるもので…

2020.01.25 16:00  NEWSポストセブン

番組公式HPより

SPドラマで芥川を演じる松田龍平 「獣にならない」男の…

 ストーリーとキャスティングのマッチングは、作品の魅力を考える上でやはり極めて重要だ。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代…

2019.12.30 16:00  NEWSポストセブン

オバマ大統領とオランド大統領(写真/ロイター/アフロ)

『グランメゾン東京』に見る今期好調だったドラマの共通点

 ドラマの評価を考える上で時代性は不可欠なポイントだ。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * …

2019.12.29 16:00  NEWSポストセブン

続編完成!

阿部寛『まだ結婚できない男』 桑野ロス惜しみ続編待望…

 〇〇ロス、という言葉が一般化したのはこの2013年の流行語大賞にもノミネートされた「あまロス症候群」以来だからこの6年くらいのことであ…

2019.12.10 16:00  NEWSポストセブン

オバマ大統領とオランド大統領(写真/ロイター/アフロ)

『グランメゾン東京』に緊張感与える玉森裕太というスパ…

 作品の魅力を大きく左右するのが主演の脇を固める役者たちの存在だ。このクール、注目度ナンバーワンの日曜劇場の場合はどうか。ドラマウ…

2019.11.30 16:00  NEWSポストセブン

オバマ大統領とオランド大統領(写真/ロイター/アフロ)

木村拓哉 日曜夜の包丁さばきはアッパレと言うしかない

 今クール最大の注目作は順調に滑り出した、かのように見える。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。…

2019.11.03 16:00  NEWSポストセブン

番組公式HPより

『スカーレット』の戸田恵梨香 熱演が浮き彫りにする綻び

 ドラマの評価は、脚本・演出・芝居の精度で決まる。すべてが高次元で組み合わされるのが理想だ。ドラマウオッチを続ける作家で五感生活研…

2019.10.19 16:00  

続編完成!

『まだ結婚できない男』の阿部寛が大絶賛されたのはなぜか

 時代は変化する。ヒットの法則はあれど、求められる役割が変わってくるのはビジネスマンも役者も同じ。ドラマウォッチを続ける作家で五感…

2019.10.12 16:00  NEWSポストセブン

『なつぞら』出演者たち

『なつぞら』大団円 清原果耶という才能発見を喜ぶべきか

 半年もの間、見続けてきた物語が終わるとなれば、様々な思いが去来するものである。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山…

2019.09.28 16:00  NEWSポストセブン

番組公式HPより

『凪のお暇』は高橋一生の複雑な魅力を再発見する作品だ…

 3か月の長丁場となれば、ひとりの俳優の魅力だけで視聴者を惹き付けるのはやはり難しい。いわゆる総合評価が極めて高かったのが『凪のお暇…

2019.09.21 16:00  NEWSポストセブン

美しすぎる木村文乃の「肉体派熱血刑事」 体当たり演技の見所

美しすぎる木村文乃の「肉体派熱血刑事」 体当たり演技…

 視聴者が持つイメージを良い方向に裏切る芝居ができるか。役者の技量が問われるところである。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究…

2019.09.14 16:00  NEWSポストセブン

番組公式HPより

NHK『だから私は推しました』が秀逸なドラマと呼べる理由

 ドラマ制作者は様々な制約の元に作品を生み出している。各局が鎬を削る各クールのラインナップのなかで、注目を集めることは簡単ではない…

2019.08.31 16:00  NEWSポストセブン

番組公式HPより

『サラメシ』真夏の“社長メシ”スペシャルに落胆した理由

 人気番組には、ならではのポイントがある。そのバランスが少しでも崩れると魅力は褪せてしまいかねない。作家で五感生活研究所代表の山下…

2019.08.24 16:00  NEWSポストセブン

『なつぞら』出演者たち

失速の『なつぞら』 物語の展開力でも『おしん』と段違い

 半年という長期間、視聴者を魅了し続けるのは並大抵のことではない。金字塔とも称される作品と比較されるとなれば更にハードルは上がる。…

2019.08.14 07:00  NEWSポストセブン

番組公式HPより

多部未華子 今「不機嫌なコメディエンヌ」をやらせたら…

 笑顔で泣かせる芝居は難しいとされる。渋面で笑わせるのも同様だろう。いずれも役者の器量が問われる。ドラマウォッチを続ける作家で五感…

2019.08.03 16:00  NEWSポストセブン

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス