国際情報

ウクライナのサイバー攻撃は素人でも可能 世界中から30万人以上が参加か

戦いは仮想世界でも(写真はゼレンスキー大統領/共同通信社)

戦いは仮想世界でも(写真はゼレンスキー大統領/共同通信社)

 2月26日、ウクライナのミハイロ・フェドロフ副首相兼デジタル転換相は「IT軍」を創設し、民間人などに広く参戦を呼びかけた。戦いは市街戦だけではなく仮想世界でも繰り広げられている。

「『軍事力』とSNSなどを使った『情報拡散力』との総合力が問われるのが現代の“ハイブリッド戦争”です。そこでは、サイバー戦略が死活的に重要となります」

 そう語るのは、世界の情報セキュリティ事情に詳しい国際ジャーナリストの山田敏弘氏。ウクライナのサイバー部隊の実力とはどのようなものなのだろうか。

「ウクライナが行なっているサイバー戦略には、2つの特徴があります。フェドロフ副首相が募ったIT軍は、民間人がロシア政府や銀行などのサイトに一斉に攻撃を仕掛ける『DDoS攻撃』や、SNSなどでロシア国内や世界の世論を揺さぶることが主な活動です。それらは“ソフトな攻撃”と言えます。

 それと同時に、より強力なサイバー軍を持つアメリカなどの西側諸国が後ろ盾となり、ロシアからのサイバー攻撃を防ぐといった“ハードな防衛”が行なわれています」

 前述の「DDoS攻撃」は、特定のサイトに集中してアクセスすることで機能を麻痺させることを狙ったもので、サイバー攻撃としてはオーソドックスな手法だという。

「ただし、銀行のサイトがストップすれば送金ができなくなり、電子政府が狙われれば市民の生活に混乱が生じる。

 ウクライナIT軍は、民間人に標的の選び方や攻撃の仕方、さらには“捕虜となったロシア兵の情報をロシア国民に送って揺さぶる”といった“戦術”を指導しています。これを主導しているのはIT企業の代表を務めウクライナ通信情報保護当局の幹部であるビクトル・ゾーラ氏という人物です。素人でも簡単にできる攻撃なので、今では世界中から30万人以上が参加しているとみられます。兵力で敵わないぶんをサイバー部隊で補い、一定の効果を得ているといえます」(山田氏)

 また、西側諸国の強力なバックアップも欠かせないと山田氏が続ける。

「ウクライナは元々、正規のサイバー軍を持ちません。対してロシアのサイバー軍は世界第2位といわれるほど強力です。ロシアが本気になれば核施設を誤作動させたり、レーダーシステムをストップさせて制空権を握ることもできるはず。それが今のところ聞こえてこないということは、アメリカなど西側諸国の強力な防衛が利いていることが考えられます。

 ウクライナはこのままソフトとハードの両面で、じわじわとロシアに抗戦していくと思われます」

 果たして「プーチンの戦争」をどこまで止められるのか。世界にとって、予断を許さない日々が、当面続くことになる。

※週刊ポスト2022年4月1日号

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン