ビジネス

鉄道車両の引退セレモニー減 「サイレントラストラン」が増加する背景

サイレントセレモニーでJR東日本から完全引退した115系。かつて信越本線、青海川駅付近を走行していた当時の様子(時事通信フォト)

サイレントラストランでJR東日本での定期運行を終了した115系。かつて信越本線、青海川駅付近を走行していた当時の様子(時事通信フォト)

 かつて芸能人の結婚報告といえば、ホテルの宴会場を借り切って金屏風の前に2人がそろい、満面の笑みでカメラのフラッシュの放列を浴びる、といった賑やかなものだったが、最近は、それぞれの公式SNSで発表して終わり、あらためて会見をするということは減っている。鉄道車両や列車の引退についても、華々しくセレモニーを開催するよりも、地味に行われることが増えている。ライターの小川裕夫氏が、近ごろ増えている鉄道車両の「サイレントラストラン」についてレポートする。

 * * *
 昨年末、小田急電鉄が誇る「白いロマンスカー」ことロマンスカー50000形VSEの定期運行終了が発表された。VSEは2005年に登場。シルキーホワイトの車体カラーは小田急沿線住民や鉄道ファンのみならず、箱根の観光客など幅広い層を虜にした。

 VSEは登場から17年で定期運行から姿を消した。これは歴代のロマンスカーと比べても、短い活躍期間だった。絶大な人気を誇るVSEが短命で幕を閉じるというニュースが流れると、あちこちから惜しむ声が漏れた。

 3月12日にダイヤ改正が実施されたため、前日の夕刻には多くの鉄道ファンが最後の勇姿を見納めるために新宿駅のホームに大集結。新宿駅ホームの先頭車両の位置には、駅員が手づくりしたと思われるメッセージボードやVSEの模型などが置かれるという一幕も見られた。

「VSEは定期運用から離脱するわけですが、まだ不定期列車としての運行は続きます。そのため、今回の新宿駅ホームでの一連のイベントは引退式典ではありません」と話すのは、小田急電鉄CSR・広報部の担当者だ。

 今回、新宿駅をはじめVSEのお見送りをした各駅では規模の大小こそあるものの独自のセレモニーが実施された。それらは、あくまでも現場の判断によるイベントという位置付けになるとのこと。小田急はVSEの引退を2023年秋頃と発表しているが、そのときに改めて公式の引退セレモニーを実施するということだろうか?

「小田急社員の間ではVSEの引退式を実施したいという気持ちは強くありますが、今後のことに関しては決まったくまっていません。公式的な式典は、実施が決まり次第アナウンスする予定です」(同)

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン