ライフ

体に良さそうなのに…ぜんまい、わらび、ひじき、昆布に潜む健康リスク

(写真/Getty Images)

日本では馴染み深い海藻類は海外では食べる習慣がない(写真/Getty Images)

 冬が終わって春になれば、色々な食材が楽しめるのが、四季のある日本の良いところ。春を感じさせる「山菜」は、食物繊維が豊富でカロリーが低いことからダイエット中の女性には頼もしい食材だ。だが実は、健康リスクの高さが指摘されている。アメリカ在住の内科医、大西睦子さんはいう。

「日本の研究で、山菜をたくさん食べる人は、あまり食べない人に比べて、すい臓がんの死亡リスクが高いことがわかっています」(大西さん)

 全国約11万人の日本人を対象に1988年から1999年まで追跡した食生活に関する調査では、直接的な関係性は不明だが、男性においては山菜を食べない人と毎日食べる人では、後者のすい臓がんリスクが3倍も高くなっている。さらに、ビタミンB1欠乏症の危険もある。名古屋学芸大学健康・栄養研究所所長の下方浩史さんはいう。

「ぜんまいにはチアミナーゼという酵素が入っていて、大量に食べるとビタミンB1を破壊します。ビタミンB1が欠乏すると糖を代謝できなくなるので、ひどい場合は神経障害、脳障害に陥ります。また、わらびのアクにはプタキロサイドという天然毒が入っていて、牛や犬が食べると骨髄障害で出血が止まらなくなります。山菜を食べる際は、しっかりアク抜きし、食べすぎないことです」(下方さん)

「食べると髪が黒くなる」といわれる海藻。なかでも「ひじき」は、お弁当の定番だが、食べるなら週1回くらいにとどめた方がいい。カナダの調査では、ほかの海藻より発がん性が高く、肝臓障害リスクも指摘されている。

「わずかな量を食べただけで、1日の許容量を超えた無機ヒ素の摂取リスクがある。ひじきは避けるべき食べ物です。無機ヒ素は発がん性が疑われており、高レベルの無機ヒ素にさらされると、胃腸への影響、貧血や肝臓への障害が懸念されます」(大西さん)

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン