芸能

ガーシーchが有料会員4万人 ネタ切れ危機は「アンチ巻き込み」で乗り越えるか

2月17日、YouTubeのチャンネル『ガーシーch【芸能界の裏側】』に突如姿を表した東谷氏

2月17日、YouTubeのチャンネル『ガーシーch【芸能界の裏側】』に突如姿を表した東谷氏

 交流のあった有名人に関する裏話を暴露するYouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』は、開設から1か月を超え、チャンネル登録者数は80万人に迫る勢いだ。月額490円の有料メンバーシップもスタートし、メンバーシップ限定の暴露配信も始まった。

 27年間にわたり多くの有名人をアテンドしてきたというガーシーこと東谷義和氏は、“BTSに会わせる”と言って女性から金銭を振り込ませたと報じられた人物だ。このYouTubeチャンネルでの収益を被害者への弁済に充てるとも話している。

「3月20日に行われた生配信では、メンバーシップ登録者数が4万人近くになったと報告しています。そのほかにもスーパーチャットによる“投げ銭”もあり、単純計算で売上は1か月で2000万円以上といったところ。そのうち規定の割合がYouTube側の取り分となるので、すべてが東谷氏の収入となるわけではないものの、相当な収入を得ることになるのは間違いないですね」(メディア関係者・以下同)

『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』では、メンバーシップ限定動画について、生配信から1週間がメンバーシップ登録者のみの公開とし、1週間後からは全体公開というルールになっている。

「東谷氏は当初、配信から2週間後に全体公開というルールを設定していましたが、のちに1週間後の全体公開に短縮しました。東谷氏としては、暴露した情報をしっかりと世間に広めないと意味がないと感じているのでしょうが、メンバーシップのメリットが少ないとの不満もありますね」

視聴者の期待に応えられていない?

 綾野剛や城田優などの暴露話を公開している東谷氏だが、ネットでは〈誰々が女性関係やらなんやらで、最初想像してた闇とは程遠い浅いゴシップでした〉、〈面白いけど、昔話ばかりで、だからどうしたって気持ちになっちゃうね〉などの意見もあり、その内容が視聴者の期待に応えられていないとも指摘されている。

「そんなに大きな暴露話が出てこないのは確かですが、でもだからこそあまり話を盛っていないのだろうなとも感じますね。東谷氏本人の体験がもとになっているので、リアリティーはあると思います。ただ、それでお金を払っているメンバーシップ会員を満足させられるかどうかは、また別の話であって、今後継続的に収益を上げていくには、メンバーシップ登録者をつなぎとめるための戦略も必要になってくるでしょう」

 現在の暴露配信の頻度は週に1回程度。YouTubeチャンネルの更新頻度としては決して高いとは言えないだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン