ライフ

『なんでも鑑定団』で鑑定額1200万円!千利休「直筆書簡」の歴史的価値

千利休が書いたとされる書簡が話題に(時事通信フォト)

千利休が書いたとされる書簡が話題に(時事通信フォト)

 依頼者が持参してきた品物を専門家が鑑定するバラエティ番組『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)3月8日放送回で、驚きの“お宝”が飛び出した。

 その品は、安土桃山時代の大茶人・千利休が書いたとされる書簡。鑑定した愛知東邦大学・客員教授の増田孝氏は、利休直筆のものだと認め、なんと1200万円の鑑定額をつけた。当の増田氏が興奮気味にこう語る。

「利休が1585年に『利休号』をもらってから晩年に至るまでの書風で、本人のもので間違いない。ここまで書として出来映えが良い書簡はあまり残っていません」

 1200万円と高額な値段がついた理由は、単に本人直筆の代物というだけでなく、千利休の最期にまつわる貴重な資料だからだ。

 千利休といえば、織田信長と豊臣秀吉の茶頭を務め、茶道を正式な武家儀礼にするなど、侘び茶を完成させた人物として知られている。

 しかし、70歳だった1591年に突如、秀吉から切腹を命じられ、自刃することになった。

 理由については、現在に至るまで明らかにされておらず、主に「大徳寺の山門の楼上に利休の木像を安置したことが不遜だと秀吉の不興を買った」「不当な値段で茶道具を売買していた」の2説が語り継がれてきた。

 それが今回、この書簡が発見されたことによって、後者の説が有力になったというのだ。

「この書簡は、おそらく堺の商人に宛てたものですが、『ルソン(フィリピン)の壺を金子12、13枚でもいいからほしいという人が複数いる』と書かれています。金子12、13枚は今で言う400万円程度。つまり“たとえ安物の壺であっても、利休が目利きした壺なら高額で買い取る人がいた”ということを裏付ける内容なのです」(増田氏)

 さらにこうも読み取れるという。

「書簡を参考にこれまでの利休関連の資料も総合すると、切腹の真相は、利休の審美眼が高い評価を受けたことで、結果的に茶道具が高値で売買されるようになり、それが秀吉の目には『利休は不当な利益を得ている』ように映った、と考えられます」(同前)

 学術的価値は計り知れない。

※週刊ポスト2022年4月1日号

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン