ライフ

マスクの内側もサラサラ肌が続く メイク移りも防ぐフェイスパウダー

薄膜のベールで毛穴レスの肌になれるセザンヌの『毛穴レスパウダー』

薄膜のベールで毛穴レスの肌が目指せるセザンヌの『毛穴レスパウダー』

 ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未さんが、オトナのための美容情報を紹介。今回は、マスク生活に必須のフェイスパウダーについて教えていただきました。

 * * *
 マスクへのメイク移りを防ぐ、肌への摩擦を和らげる、マスク内の蒸れを防ぐ……などなど、マスク生活のメイクにフェイスパウダーはマストになりました。フェイスパウダーもいろいろありますが、マスク時代に皆さんが求めているのは、無色でマスクが汚れない、皮脂崩れしにくい、そして肌がきれいに見えるといったところでしょうか。

 今回おすすめするセザンヌの『毛穴レスパウダー』は、その希望をすべてかなえる、大人気アイテム! 私も使っていますが、ベースメイクの仕上げに使うと光の効果でホントに鼻や頬の毛穴が目立たなくなりますよ。748円とコスパも最高!

 この価格で鏡とパフが付いている点も優秀なのですが、さすがにパフは小さめ(笑い)。なのでつけるときはパフのリボン部分に指2本を差し込み、パフをできるだけ広げて面状態にしたら、肌の上にすべらせるようにしてパウダーをのせていくといいですよ。つけたてはちょっと白っぽく感じますが、時間をおくとちゃんとなじみます。気になる人は両手のひらで顔全体を包み込むように軽くおさえると、なじみやすいですよ。

 もう1つおすすめなのが、眉やアイメイクのベースにする使い方。意外に忘れがちなのですが、眉を描く前にベースの肌をサラサラにしておかないと、アイブロウがのりにくいし崩れやすい。このパウダーを仕込んでおけば、皮脂吸着パウダーがべたつきをおさえてサラサラ肌が続くので、アイメイクも崩れにくくなります。目の際までのせておけば、「アイライナーがにじんで下まぶたについちゃう」なんてこともなくなります。

 界面活性剤などは不使用&ミネラルパウダー配合なので、日中はもちろん夜使ってもOK。「夜のお泊まりに活躍」という場面はないかもしれませんが(笑い)、マスクメイクに便利なのは確実ですよ!

【プロフィール】
山本浩未/ヘア&メイクアップアーティスト1964年生まれ。「今すぐ実践できる」を発信する、メイクの第一人者。

※女性セブン2022年3月31日号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン