ライフ

「それ、差別発言です」あらためて知っておきたいジェンダー表現の今

昨年6月、LGBT法案成立を求めて行われたデモ(AFP=時事)

昨年6月、LGBT法案成立を求めて行われたデモ(AFP=時事)

 昨年2月、SNSを沸かせたあの発言を覚えているだろうか。「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」「(組織委員会の女性は)みんなわきまえておられる」。東京五輪・パラリンピックの組織委・森喜朗前会長の発言は、大会が掲げたビジョン「多様性と調和」を骨抜きにした。怒りと抗議の声がツイッターに溢れ、ハッシュタグ「#わきまえない女」はトレンド入り。森氏は辞任に追い込まれた。

 あれから1年、私たちのジェンダー平等意識はアップデートできているだろうか? 男性中心の社会構造は未だ変わらず、世界経済フォーラムの「ジェンダーギャップ指数」では日本は今や156か国中120位(2021年)。ジェンダー平等には程遠いのが実情だ。

 世界から周回遅れのジェンダー観は、メディアにたびたび登場する。「美しすぎる市議」などことさら容姿に注目した表現や、「ホモ」「レズ」などLGBTなど性的少数者への差別や偏見を助長するような言葉で、当事者を傷つける二次加害につながったものもある。

「配慮のない表現が、社会の無意識の偏見につながっていないか」。強い危機感を抱いた現役記者らが、自責の念を込めて手引書作りに取り組み、この3月に完成したばかりなのが『失敗しないためのジェンダー表現ガイドブック』(新聞労連ジェンダー表現ガイドブック編集チーム著)だ。

外見を褒めると差別?

 ガイドブックでは、配慮に欠いたジェンダー表現を多くの事例から紐解いている。外見に基づく差別「ルッキズム」(外見に基づく差別)のケースから見ていこう。

「日本選手権を4連覇し、日本代表として実績を重ねても、なお容姿ばかり話題にされる。悲しかったし、悔しかったし、はがゆかった」

 カーリング元日本代表の選手は、朝日新聞のインタビューにそう答えている。「美人選手」「イケメン社長」など、容姿に注目した記事は多くのメディアに散見されるが、批判の対象となるという。

「美しいと褒めているのに、なんで差別なの?」──そんな声も聞こえてきそうだが、競技や業務とは異なる見た目ばかりに注目することは、相手を不快にさせかねない。前出のガイドブックは、「容姿での評価は、実績を軽視することとも表裏の関係にある」と指摘している。

 ルッキズムの典型例として挙げられているのが、2021年10月の全国市長会長を務める福島県相馬市長の発言だ。連合の新会長となった芳野友子氏について「今度の美人会長も楽しみにしている」と言及し、批判を受けて謝罪した。芳野氏は「容姿に触れることは、今の世の中で許されない」と話した。

 たとえ褒める文脈だとしても、それって必要? 取り上げる前に立ち止まって、相手の立場に立って考えることが大切だ。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン