芸能

大河ドラマ『真田丸』殺陣指導者が明かす「面白みのある剣術」の秘密

『真田丸』の殺陣を担当した中川邦史朗氏

『真田丸』の殺陣を担当した中川邦史朗氏

 2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』は、三谷幸喜脚本らしいコミカルな人物描写も多い一方、平和なホームドラマ路線が主流となっていたその時期の大河では珍しく、策謀や暗殺などの血なまぐさい場面もスリリングに描かれていた。今回からは、『真田丸』の殺陣を担当した中川邦史朗氏にその秘話をうかがう。

 * * *
中川:監督やプロデューサーから最初に言われたのは、「今度の『真田丸』に関しては王道を行きたい。奇をてらった大河ドラマじゃなく、『独眼竜政宗』などのように重厚な『ザ・大河ドラマ』を」ということだったので、僕も自分が幼い頃に見ていた大河ドラマの記憶を思い返しながら殺陣を作りました。

──序盤などは暗殺場面もありました。ああした場面の手(一つ一つの動き)はどのように作られたのでしょう。

中川:場面の雰囲気はちゃんと台本上に書かれているので「三谷さんはこういうことをやりたいんだな」と汲み取って殺陣をつけたつもりです。ただ、放映時間が日曜の夜八時ですから、斬られた時に出る血の量はどれぐらいがいいかなど、そういう相談は現場レベルでやっていましたね。これだと多すぎるかな、でも全然出ないのはちょっとおかしい──とか。

 手自体は奇をてらわず、割とシンプルです。人を殺す時は速くて小さな動きで。それでいて、観ている人にちゃんと伝わるように。そこのさじ加減だけで、その手自体はそんなに難しいことはしていないと思います。

──今、「さじ加減」とあっさり言われましたけど「速くて小さい動きだけど観ている人にちゃんと伝わるように」というのは簡単そうで難しいことにも思えます。

中川:最近の時代劇の立ち回りを観ていると、スピーディで疾走感はあるけれど、休まるところがないんですよね。だから観ている間は面白いんですが、終わると「いま、何をやっていたんだ」「どっちが斬られたんだっけ」と印象に残らないというのが僕の中にありました。
斬られるところ、刺されるところは観ている人に伝わるようにする必要があると思うんです。実際の剣術のリアルなスピードではなく「今、どこをやられました」ということを確実に伝えないと。

──リアクションで伝える、と。

中川:どれだけ速く斬っていても、いつの間にか人が倒れて、血が流れて「ああ、死んだんだ」では僕にとっては、面白味がありません。リアクションで伝える殺陣こそが昔の時代劇であり、「王道」なのではないかという気がしていました。

関連記事

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン