ビジネス

改札なしの「信用乗車」は広がるか 広島電鉄はICリーダー活用で全扉乗降も

広島駅で発車準備をする5100形グリーンムーバーmax(2012年撮影:小川裕夫)

広島駅で発車準備をする5100形グリーンムーバーmax(2012年撮影:小川裕夫)

 先述したように、これまでの広電の電車は後方もしくは中央から乗車し、前方から下車する方式だった。この方式だと、車内での移動を伴う。車イスの利用者や足の悪い高齢者などにとって、それら車内の移動は多少なりとも負担になる。

全扉乗降方式へと切り替われば、こうした負担はなくなる。路面電車はバリアフリーな公共交通と謳われるが、全扉乗降方式によって路面電車のバリアフリー化はいっそう促進される。

 さらに、これまではスムーズに下車したいという乗客心理が働くため、電車前方にある降車口に乗客が偏重する傾向が強かった。これでは、それほど客が乗っていない電車でも前方に乗客が固まるという状況が生まれる。それは、トラブルを誘発する原因にもなる。

 そして降車口が前方だけに限定されると、どうしても降車時間が長くなる。一方、全扉乗降方式だと降車時間を短くできる。これは、定時運行にも寄与する。

 昨今の鉄道業界は、人手不足が深刻化している。鉄道各社はあの手この手で省人化に取り組む。山手線ではドライバーレスと呼ばれる運転士を必要としない自動運転の試験が繰り返されている。全扉乗降方式へと切り替えると、これまで乗務してきた車掌が不要になる。広電は人手不足を解消すること見越して、全扉乗降方式を進めているのだろうか?

「すでに全扉乗降方式に切り替えた電車もありますが、これまで通りに車掌は乗務しています。全扉乗降方式は、人手不足を見越した取り組みではありません」(同)

 いまだ日本国内では馴染みの薄い信用乗車だが、2023年3月に一部区間が開業予定の宇都宮ライトレール(栃木県)は、乗車方式に信用乗車を採用するという。今後は新しい乗車方式として広がっていくかもしれない。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン