芸能

海老蔵、ブログで作り上げた「イクメン」の嘘 子育ては「亡き妻の実母」に任せきり

市川海老蔵が複数の女性と会っているのを目撃

市川海老蔵のデートは深夜まで続いたが、息子や娘の面倒を見ていたのは義母(写真は3月、そば割烹店から出てきた海老蔵とデート相手のA子さん)

 インスタグラムやTikTokのダイレクトメッセージ機能を駆使した「SNSナンパ」で、昼夜問わずに複数の若い女性と逢瀬を繰り返していることが、3月24日発売の『女性セブン』で報じられた歌舞伎役者の市川海老蔵(44才)。ただ、海老蔵は長女・麗禾ちゃん(10才)、長男・勧玄くん(9才)という2人の子を持つシングルファーザー。夜中まで女性と会っていて、誰がその間に子供の面倒を見ているのか、と疑問を抱く人が多いという。

 海老蔵が頻繁に更新するブログを見ると、子供たちが朝起きるところから、歌舞伎の稽古に励むところ、食事をするところなど、さまざまなシーンが写真付きで投稿されている。それだけを見るとイクメンブログであり、「子育てに熱心なパパ」という印象を抱くが、実態は少々異なるという。芸能関係者が明かす。

「海老蔵さんは地方巡業で何日も家を空けることがありますし、東京にいても、仕事の打ち合わせや稽古、サウナやジムに行くなどの体のメンテナンスで、かなりの時間は自宅を留守にしています。ましてや、子供たちの学校行事や習い事などに付き添うことはほぼできません。実は、2017年に乳がんで亡くなった小林麻央さんのお母さんがずっと面倒を見ているんです。海老蔵さんにとってみれば、“義理の母”に当たります」

 海老蔵一家が暮らすのは、都心にある高級マンション。麻央さんが存命のときに引っ越し、そのマンションで闘病生活を送った。

「麻央さんの死後は、麻央さんのお母さんが海老蔵さんの自宅マンションで“同居”して、2人の子供たちの生活を支えているんです。麻央さんの死後4年以上が経ちますが、海老蔵さんと義母と子供2人という“4人暮らし”がずっと続いています。

 あれだけ生活の隅々までブログで紹介しているように見える海老蔵さんですが、なぜか義母のことは一切、登場させません。食事中でも、自宅で家族でくつろいでいるところでも、絶対に義母が写り込まないように写真を撮って、ブログにアップしているのです」(前出・芸能関係者)

 ブログでは、海老蔵が地方巡業で東京を離れているときでも、子供たちの日常生活の様子がアップされることがある。それらの写真は、麻央さんの母親が撮影して、海老蔵に送っているようだ。

「海老蔵さんが外で女性と食事をしていたり、ホテルに行っていたりする時間に、しばしば、まるで自宅で子供たちと過ごしているかのような写真がブログにアップされます。それも、麻央さんのお母さんが代わりに撮影して送っているそうです。海老蔵さんが外で自由に羽を伸ばしながら、まるで完璧に子育てをこなしているようなイメージを、ブログを駆使して作り上げられているのは、麻央さんのお母さんのおかげなんです」(前出・芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン