国内

岡田晴恵氏、第6波乗り越えるため「大規模療養施設」の必要性を提言

3月21日の渋谷、街には多くの人が(写真/共同通信社)

3月21日の渋谷、街には多くの人が(写真/共同通信社)

 今年1月から実施され、最大36都道府県に及んだ新型コロナの「まん延防止等重点措置」が3月21日をもってすべて解除された。「もう大丈夫」という空気が漂うなかで、“コロナの女王”岡田晴恵・白鴎大学教授からの緊急提言が──。

「まん防」解除とともに、すっかり新型コロナの自粛生活が終わるような期待感が漂っている。しかし、テレビなどで新型コロナの解説を続ける岡田晴恵氏は、「第6波は、終わっていません」と警鐘を鳴らす。

 奇しくも職場や学校などは年度替わりを迎えるタイミングだ。季節柄、花見などの行楽も盛んになり、人の動きが活性化する。だからこそ、岡田氏は第6波を乗り越えるためには「3つの柱」が必要だと提言する。

PCR検査を1日100万件に

 第1に挙げるのは、PCR検査の拡大と十分な抗原検査キットの確保だ。

「検査をしない“みなし陽性”や、医療機関を受診しない“自主療養”というものが認められた状況を思い出してください。医療機関にもかかれない、検査できず診断がつかなければ抗ウイルス薬も開始できない。それらを回避するためにもPCR検査1日100万件の体制を構築するべきです。

 現在、検査能力はおよそ40万件、実際に検査している数はそれ以下です。全国の感染者数が初めて10万人を超えた2月5日も、PCR検査数は19万件でした。そうして陽性率が40%を超えることもありましたが、本来検査の陽性率は5%以下に抑えるべきものです。6%を超えると、その国での死亡者、健康被害を受ける人の数が上がると報告されています。

 また、検査にすぐにアクセスできるようにすることで、陰性の人であれば積極的に経済を回すことができる。社会機能活動ができるようにするためにも、PCR検査を社会インフラとして、1日100万件規模でやれる体制作りが急務です」(以下「」内はすべて岡田氏)

 PCR検査と並行して、「抗原検査キット」の拡充も重要だという。

「感度の面では劣りますが、PCR検査よりも簡便ですぐに検査結果が出るため、感染拡大しやすく重症者リスクが高い高齢者施設などで働く介護士さんたちなどが抗原検査キットを潤沢に利用できるように配備することが大事です。

 本来なら感染者数が落ち着いていた時期に製造・確保しておくべきでしたが、今年に入ってからも抗原検査キットが不足する事態になりました。使用期限があるものですが、余ったら国が買い取るという姿勢で業者に委託して、十二分に確保しておくべきです」

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン