国内

岡田晴恵氏「4回目接種は中身が大事。オミクロン株対応のワクチン確保を」

4回目接種の話も出てきているが岡田晴恵氏はどう考えるか

4回目接種の話も出てきているが岡田晴恵氏はどう考えるか

 最大36都道府県に及んだ「まん延防止等重点措置」が3月21日に解除され、「もう大丈夫」という空気が漂っている。しかし全国の感染者数はいまだ数万人に及び、テレビなどで新型コロナの解説を続ける白鴎大学教授の岡田晴恵氏は、「第6波は終わっていません」と警鐘を鳴らす。

 岡田氏は第6波を乗り越える方法として「PCR検査の拡大と十分な抗原検査キットの確保」「保健所の機能強化」「大規模集約医療施設の設置」をあげ、3つの柱に加えて、「治療薬」と「ワクチン」の5つが揃ってはじめて出口戦略が可能になるという。

「治療薬が承認されたことなどが報じられますが、検査して、陽性と診断されないと治療が開始できません。確保できる治療薬の量の問題もありますし、そもそも検査と医療体制が足りないなら、ありつけないでしょう」(以下「」内はすべて岡田氏)

 国内では3回目接種が進み、5歳から11歳の子供のワクチン接種も開始している。

「皆さんが3回目のワクチンを粛々と打たれていますし、私も3回目接種を済ませました。4回目接種の話も出てきていますが、ここは回数よりも中身が大事と思っています。

 ヨーロッパではオミクロン株のワクチンも出ていますが、日本で今打っているワクチンは武漢のウイルスに由来したワクチンです。回数ばかり言われていますが、それよりもオミクロン株に対応した最新のワクチンを国民に確保していただきたいと思います。もちろん、現行のワクチンでも打ったほうがいいとは思いますが、4回目には新しいウイルス株のワクチンが望ましい。また、長期的なデータもないので、お子さんの接種は慎重にと思います」

 これらの対策をせずに、感染者数が増えると、結局行き着く先はまた自粛、まん防、緊急事態宣言と繰り返し、経済が萎縮することになってしまう。目の前には「ステルスオミクロン」と呼ばれるオミクロンの変異株「BA.2」の存在も無視できなくなっている。

「想定よりもゆっくりではありますが、4月上旬に入れ替わると想定されています。感染力はより強くなっています。そうなると個人の感染防御では極めて難しい。同時に経済の停滞が厳しい状況もあるからこそ、これまで述べたような対策や備えと抱き合わせにして、経済を回すことが必要なのです。

 冷静かつ客観的に見て、世界中の流行状況から、これからまた新しい変異株が出る可能性は十分にあります。オミクロンが最後だとは私は思っていません。だからこそ、対策と抱き合わせでないと、“ウィズコロナ”にならないのです」

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン