ライフ

レーシック手術などの近視矯正手術 「受けるべき人は限定的」と医師の見解

(GettyImages)

現役医師たちが語る受けたくない手術とは?(写真/Getty Images)

「私、失敗しないので」「財前教授の総回診です」。華やかで権威ある外科病棟は、これまで何度もドラマや小説の舞台となってきた、間違いなく第一線の医療現場だ。しかしそこで施される治療は、必ずしも正しいとは限らない。メスを握る彼らが、「受けたくない」手術とは。外科治療に携わる現役医師たちが本音を語る。

【座談会に参加してくれた現役医師4名のプロフィール】
A夫(50才):大学病院の整形外科医。骨折から腰痛まで幅広く治療を行う。
B美(42才):総合病院の一般外科医。過去にがんの手術を多く経験している。
C男(57才):総合病院の消化器外科医。内視鏡手術を得意分野とする。
D太郎(46才):眼科クリニック院長。総合病院勤務の後、5年前に開業。

 * * *
 日進月歩の医学界で、外科手術においても次々に新しい技術が生まれているが、実際に使う立場にある現役医師たちはそれらの多くに懐疑的だ。

B美:「脳ドックを受けたら、未破裂の脳動脈瘤が見つかったから、手術で切除してほしい」という患者さんが少なからずいるのですが、私なら受けません。確かに、破裂してくも膜下出血を起こすのではないかと心配になる気持ちはわかりますが、その確率は1%未満。急いで手術をする必要はないんです。

 そもそも脳ドックがこんなに浸透しているのは日本ぐらい。海外ではほとんど行われない検査です。“病気の芽”を発見してしまえば少なからずストレスを感じますし、だからといって手術を受ければ合併症を引き起こす危険もあることも気がかりです。

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン