スポーツ

新庄ビッグボス、元同僚の座談会に怒り 勝てないチームの責任はどこに?

新庄剛志ビッグボスの注目度は高いが、チームは勝てない(時事通信フォト)

新庄剛志ビッグボスの注目度は高いが、チームは勝てない(時事通信フォト)

 3月30日、日本ハムは3対5で西武に敗れ、開幕5連敗を喫した。ビッグボスこと新庄剛志監督は初めて試合後の会見に応じず、落胆を窺わせた。その前日には、元チームメイトの座談会に噛みついていた。

 YouTube『TAO CHANNEL』で、元阪神の田尾安志氏、岡義朗氏、藪恵壹氏がパ・リーグ全チームの分析と順位予想をアップ。その中で、3人は日本ハムを最下位に予想し、岡氏が「何敗するか賭けてみたいね。予想してみたいね」と話していた。ビッグボスは自身のインスタグラムのストーリー機能に、この動画の画像を添付して「笑いながら~この御三方達の性格がなんだか可哀想だなって思いました」「95敗したらこのYouTubeに出てあげましょう」「藪氏は100敗らしい」「笑い方」と絵文字を付けながらも、怒りの感情は隠しきれていない。プロ野球担当記者が話す。

「少し神経質になっているのかなと感じました。ビッグボスについて話している部分を全て見ると、『選手のやりやすい環境作りをしている』『来年に繋がる計画性を感じる』(岡氏)、『世間の人にこれだけ受け入れてもらえたのは彼の力なんだろうね』(田尾氏)と新庄監督を評価しており、全体を通してみれば、そこまで怒るような内容でもないように見えます。『100敗』や『賭けてもいい』という発言がカンに障ったのでしょう。また、ピー音が入っていましたが、藪氏に監督就任から稼いだ金額やテレビ1本のギャラの話をされたのも、嫌だったのかもしれませんね」(以下同)

 新庄は1989年のドラフト5位で阪神に入団。田尾氏は当時の主力であり、岡氏は守備走塁コーチだった。藪氏は1994年に新人王を獲得し、新庄がメジャーへ挑戦するまで7年間、同じ釜の飯を食った。

「もしかしたら現役時代から3人のことをあまり快く思っていなかったのかと勘繰ってしまうほど、ビッグボスの反応は意外でした。何があっても笑い飛ばして明るく振る舞うイメージですからね。勝負事は負けたら何言われても仕方ない。そもそも、批判覚悟の作戦やパフォーマンスだったはず。『100敗』という単語は、戦力的に今の日本ハム以上に厳しかった楽天の初代監督を務めた田尾さんがいたから出てきたのでしょう。その田尾さんも、『100敗はないでしょ』と否定しています」

 ネット上では今回の反応や采配、パフォーマンスについて、ビッグボスを擁護するファンもいれば、批判するファンもいる。

「就任から今まで、新庄批判はほとんど聞こえてこなかった。就任会見での派手なファッションについて、清原和博さんが『プロ野球のOBたちは口に出さないと思いますけど、みんな嫌な気分になっているのは間違いないと思います』と言ったら、猛反発を喰らったのが良い例ですよ。1つの意見であって、寄ってたかって袋叩きにするほどのことではない。逆にいえば、今回の件に関しては清原さんの時と比べ、ビッグボスの反応への苦言も出ている。これは健全なことですし、開幕して負けが込めば、様々なことを言われるのは当然でしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト