芸能

高田文夫、“ICUの後輩”松尾貴史は「何事にもきっちり計算済み」

緊急入院から復活した松尾貴史について

緊急入院から復活した松尾貴史について

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、緊急入院から復活した松尾貴史についてつづる。

 * * *
 松尾貴史。大阪芸術大学を出ているアートで器用で人をうならせる男。

 松尾が病気をして大変で、最近また仕事をしだしたと聞いたので顔も見たくなり、私のラジオ番組で声を掛けたらすぐに来てくれた。聞けば昨年暮れ、芝居をやっている最中に苦しくなり病院へ行くと「すぐ緊急入院です」と言われてびっくり。ICUに入りCTスキャンを受けたら「肺塞栓症」と診断されたそうな。お芝居『鴎外の怪談』も好評で全国をまわる予定も入っていた。辛い入院生活にもたえている時、一本の電話。なんと『鴎外の怪談』で、紀伊國屋演劇賞の個人賞に選ばれたとか。苦しい闘病中にこれはいいクスリになったろう。演劇人としては一番嬉しいはずだ。

 この賞以外にも私には嬉しいことが。いつも楽しみに見ていた「週刊朝日」の“山藤章二の似顔絵塾”。山藤画伯が“ブラック・アングル”と共に筆をおくと聞き、全国の似顔絵好きはずいぶんガッカリしたろうなと思っていたところへ「塾は続行します。二代目塾長に松尾貴史さんが決まりました」の吉報が届く。今はまたあの人気コーナーが続いている。ここから今まで一体何人のプロのイラストレーターが出ていったことか。

 私の周りではたけしの『新・情報7daysニュースキャスター』は終わるわ、志の輔の『ガッテン!』、古舘伊知郎の『にっぽん人のおなまえ』は終わるわ「似顔絵塾」も、と思っていたところこれはなによりいい知らせ。

「キッチュ」というのは芸名だと分かっていたが、「松尾貴史も芸名」だと言う。あるテレビ番組用に若き日キッチュとつけ、番組が終わったので他に何か名前を。色々きくと芸の世界では母音が「ア」(A)の人が成功すると。曰く「たけし」「タモリ」「さんま」「談志」「三枝」。足していいなら「タカダ」。芸能に関して縁起がいいんだとか。それで付いた「まつお たかし」なのだ。何ごとにもキッチリ計算済みの男。

 1980年代、私が作家をやりながら落語を本気でやっていた頃、山藤章二プロデュースで毎年紀伊國屋ホールで『立川藤志楼vs高田文夫 ひとり時間差落語会』を元祖チケットの取れない落語会としてやっていた。ゲストのキッチュが『朝まで生テレビ!』の全キャラクターを演じて大喝采。大島渚、野坂昭如、田原総一朗……これで一気に世に出た。30年つづいた山藤宗匠の句会「だくだく会」のメンバーで玉置宏やたい平らと一緒によく駄目な句も詠んだ間柄。元気になってよかった。ICUの先輩としてそう思う。

イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン