芸能

ジョイマン高木 再ブレイクを支えた両親の言葉「麦のようになりなさい」

お馴染みのポーズで

お馴染みのポーズで

 2008年頃に「ななななー」というフレーズの脱力系リズムネタで一世を風靡したお笑いコンビ・ジョイマン。その後はブームが過ぎ去り一時は“一発屋”と囁かれることもあったが、徐々に再ブレイクの兆しを見せ、今ではテレビでもたびたび目にするようになった。特にボケ担当の高木晋哉(41)の哀愁漂うTwitterアカウントは人気で、フォロワー数は約30万人。3月17日にはツイートを集めた著書『ここにいるよ』も刊行された。最初のブレイクから14年、芸人活動を継続することで新たなポジションを獲得した高木に話を聞いた。
【前後編の前編。後編を読む】

10年以上前はテレビに出ずっぱりだった

10年以上前はテレビに出ずっぱりだった

──「ななななー」のリズムネタが大ブレイクしてから10年以上が経過しました。当時を振り返って今でも印象に残っていることはありますか?

高木:あの頃はとにかく忙しかったですね。丸1年休みがない状態。特に印象に残っていることといえば、一番最初にテレビに出た時のことです。

『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の“おもしろ荘”というコーナーだったのですが、僕は高校生の頃からニッポン放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』をずっと聞いていて、ナインティナインさんが大好きだった。ラジオをきいて「芸人ってカッコいいな」と思ってお笑いの世界を目指したので、目標としていた憧れの人にいきなり会えて運命的な感じがしました。その時の経験は今でもお笑い芸人として活動を続ける理由になっているなと思います。

Twitterフォロワーは30万人

Twitterフォロワーは30万人

──新刊『ここにいるよ』には「40 歳になりました。 生んでくれたお母さん、ありがT オリゴT!」という親御さんへの感謝の言葉も収められています。高木さんはお笑いの活動を始めた当初はご両親に反対されたそうですが、いつ頃から認めてもらえるようになったのでしょうか?

高木:僕は浪人してまで入学させてもらった早稲田大学を、芸人になると決めた時に親に言わずに勝手に辞めちゃったんです。それで父親にものすごく怒られて、「お笑いをやりたい」と言ったら「出てけ!」と言われてしまった。

 まあ、その後もズルズルと1年ぐらいは実家にいたんですけど(笑)、引っ越してからはずっと連絡を取っていませんでした。気まずくて実家には帰れないし、「今はこんな活動をしてるよ」と報告することもできず。

 でもテレビに出始めたある日、親から連絡が来たんですね。「観たよ。頑張ってるね」って。そこからだんだん連絡を取り合うようになっていきました。今でも「シンちゃんはお笑い向いてないね」って言われるので、認めてもらえたわけではないとは思いますけど、応援してくれてるなとは感じます。母親からはジョイマンのネタを提案されることもありました。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン