ライフ

【新刊】川上未映子がリアルな“女の闇”を描く『春のこわいもの』など4冊

「戻れない場所がいっせいに咲ときが、世界にはあるね」(「青かける春」より)

「戻れない場所がいっせいに咲くときが、世界にはあるね」(「青かける青」より)

 各地の花見スポットでは、桜の見ごろを迎え始めるこの時期。晴れた空の下や、ほんのり温かい部屋の中で、ゆっくりと読書を楽しむはいかがでしょうか。おすすめの新刊4冊を紹介します。

『春のこわいもの』/川上未映子/新潮社/1760円
「わたし」や「僕」の一人称、「あなた」の二人称、書簡体や三人称など様々な文体の6編。ギャラ飲みに応募し“整形してから来いよ”と罵倒される2人の女性の「あなたの鼻がもう少し高ければ」、親友と同居してそれぞれの夢を追った日々とその後を描く「娘について」、性交に取り憑かれた老女の「花瓶」など。著者の描く“女の闇”はすぐれてリアル。ヒリヒリと反応してしまう。

中央メディアの権力御用達ぶりに反し、良質の調査報道を続ける”奇特な”人々

中央メディアの権力御用達ぶりに反し、良質の調査報道を続ける”奇特な”人々

『地方メディアの逆襲』/松本創/ちくま新書/946円
 予算や人手の少なさにめげず、性根のすわった調査報道を続ける人々に焦点を当てる。イージス・アショア候補地選定の杜撰さを突いた秋田魁新報、SNS上の真っ赤なデマにファクトチェックで対抗した琉球新報。東海テレビのひじ方宏史(ひじかたこうじ、『さよならテレビ』)や毎日放送の斉加尚代(さいかひさよ、『教育と愛国』/この5月に映画公開)など。疲弊する地方にもまだ光はあると希望をもらう。

現役記者による「転がる検事シリーズ」。“わきまえない女達”だって恋をするのだ

現役記者による「転がる検事シリーズ」。“わきまえない女達”だって恋をするのだ

『恋する検事はわきまえない』/直島翔/小学館/1760円
 警察小説大賞受賞作『転がる検事に苔むさず』の続編が早くも登場。久我周平の前任地である小倉での事件、東京区検から鹿児島地検に異動になってさっそく吠える倉沢ひとみ、初の特捜女性検事で、弁護士事務所の理事長に転身した常磐春子の閃き(表題作)、前作で重傷を負った有村巡査のその後など4話。無法者なのに妙に法に明るい魚河岸健ちゃんの正体にもご注目を!

伊根町の舟屋や徐福伝説など丹後半島の旅情もたっぷり

伊根町の舟屋や徐福伝説など丹後半島の旅情もたっぷり

『十津川警部 猫と死体はタンゴ鉄道に乗って』西村京太郎/光文社文庫/682円
 東京下町、谷中にあった猫カフェが全焼。オーナーで元大衆演劇の役者坂口三太郎が焼死体で発見され、バイトで居着いていた若い野中弥生も姿を消す。この店を贔屓にしていた十津川班の西本刑事は坂口と弥生には因縁があったはずと、弥生の故郷丹後へおもむくが……。土地の歴史や伝説に悲恋や強欲が絡まる。トラベルミステリーというジャンルを開拓した著者の逝去を悼む。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年4月7・14日号

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン