芸能

『カムカム』オダギリジョーの役、モデルは米米・フラッシュ金子? NHKに聞いた結果

オダギリジョー

『カムカム』で重要な役どころを演じるオダギリジョー

 いよいよ4月8日に最終回を迎えるNHKの朝ドラ『カムカムエヴリバディ』。4月7日放送回では、2代目ヒロイン・るい(深津絵里・49)が、夫であるオダギリジョー(46)演じる「ジョー」こと大月錠一郎のピアノ伴奏で歌うというシーンが放送された。ジョーは天才トランぺッターだったが、ライバルであるトミー(早乙女太一・30)とのトランペットバトルに勝利した後、CDデビューを目前にして突如トランペットが吹けなくなる。しかし、その後長い時を経てピアニストとして復活。ライバルであるトミー、そして妻のるいと共演した姿は視聴者の感涙をよんだ。

「このジョーのモデルになったのでは?」と言われる人物がいる。それが、同作の音楽を担当する金子隆博氏だ。往年のJ-POPファンはこう語る。

「金子さんは、『フラッシュ金子』という名前で、米米CLUBでサックスを吹いていました。それが42歳のときに突然、難病の『職業性ジストニア』を発病し、サックスを吹けなくなってしまった。その後、血のにじむような練習をしてピアニストとなり、現在の活躍に至るのですが、『るい編』でジョーがトランペットを吹けなくなったときから、米米ファンの間で『ジョーのモデルは金子さんじゃないか?』と言われていた。ジョーがピアニストとして復活したとき、『やっぱり金子さんがモデルだったんだ!』と確信しました」

 金子氏本人も4月6日放送の『カムカム』に登場。ドラマで「クリスマス・ジャズフェスティバル」に出演したビッグバンドのピアニスト役として見事な演奏を披露。ジョーと共演を果たした。

 果たして、ジョーのモデルは金子氏なのか。

 NHK広報部に聞くと、「錠一郎の人生と金子さんの人生は全く違うので、金子さんが錠一郎のモデルという事実はありません。錠一郎がトランぺッターとしての道を断念するというストーリー上の流れがあり、その原因となる病気について金子さんにお話を伺って、参考にさせて頂きました」と回答。

 いよいよ最終回を迎える同作だが、『カムカム』ロス視聴者が再放送を見返す際には、ジョーと金子氏の背景を思いながら、番組に流れる音楽に耳を傾けてみると、より作品を深く楽しめるかもしれない。

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
吉川赳議員(時事通信フォト)
吉川赳・衆議院議員(42)、「18歳女子大生と4万円でパパ活飲酒」記事裁判で敗訴判決 請求はいずれも棄却
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
元NHKアナウンサーの長谷川朋加アナ(インスタグラムより)
【スイカップ以来の衝撃】元NHKアナウンサー(33)「初ビキニ姿披露」で隠れ美スタイルが話題「かつて山形放送局で勤務」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン