芸能

『カムカム』オダギリジョーの役、モデルは米米・フラッシュ金子? NHKに聞いた結果

オダギリジョー

『カムカム』で重要な役どころを演じるオダギリジョー

 いよいよ4月8日に最終回を迎えるNHKの朝ドラ『カムカムエヴリバディ』。4月7日放送回では、2代目ヒロイン・るい(深津絵里・49)が、夫であるオダギリジョー(46)演じる「ジョー」こと大月錠一郎のピアノ伴奏で歌うというシーンが放送された。ジョーは天才トランぺッターだったが、ライバルであるトミー(早乙女太一・30)とのトランペットバトルに勝利した後、CDデビューを目前にして突如トランペットが吹けなくなる。しかし、その後長い時を経てピアニストとして復活。ライバルであるトミー、そして妻のるいと共演した姿は視聴者の感涙をよんだ。

「このジョーのモデルになったのでは?」と言われる人物がいる。それが、同作の音楽を担当する金子隆博氏だ。往年のJ-POPファンはこう語る。

「金子さんは、『フラッシュ金子』という名前で、米米CLUBでサックスを吹いていました。それが42歳のときに突然、難病の『職業性ジストニア』を発病し、サックスを吹けなくなってしまった。その後、血のにじむような練習をしてピアニストとなり、現在の活躍に至るのですが、『るい編』でジョーがトランペットを吹けなくなったときから、米米ファンの間で『ジョーのモデルは金子さんじゃないか?』と言われていた。ジョーがピアニストとして復活したとき、『やっぱり金子さんがモデルだったんだ!』と確信しました」

 金子氏本人も4月6日放送の『カムカム』に登場。ドラマで「クリスマス・ジャズフェスティバル」に出演したビッグバンドのピアニスト役として見事な演奏を披露。ジョーと共演を果たした。

 果たして、ジョーのモデルは金子氏なのか。

 NHK広報部に聞くと、「錠一郎の人生と金子さんの人生は全く違うので、金子さんが錠一郎のモデルという事実はありません。錠一郎がトランぺッターとしての道を断念するというストーリー上の流れがあり、その原因となる病気について金子さんにお話を伺って、参考にさせて頂きました」と回答。

 いよいよ最終回を迎える同作だが、『カムカム』ロス視聴者が再放送を見返す際には、ジョーと金子氏の背景を思いながら、番組に流れる音楽に耳を傾けてみると、より作品を深く楽しめるかもしれない。

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン