芸能

『カムカム』オダギリジョーの役、モデルは米米・フラッシュ金子? NHKに聞いた結果

オダギリジョー

『カムカム』で重要な役どころを演じるオダギリジョー

 いよいよ4月8日に最終回を迎えるNHKの朝ドラ『カムカムエヴリバディ』。4月7日放送回では、2代目ヒロイン・るい(深津絵里・49)が、夫であるオダギリジョー(46)演じる「ジョー」こと大月錠一郎のピアノ伴奏で歌うというシーンが放送された。ジョーは天才トランぺッターだったが、ライバルであるトミー(早乙女太一・30)とのトランペットバトルに勝利した後、CDデビューを目前にして突如トランペットが吹けなくなる。しかし、その後長い時を経てピアニストとして復活。ライバルであるトミー、そして妻のるいと共演した姿は視聴者の感涙をよんだ。

「このジョーのモデルになったのでは?」と言われる人物がいる。それが、同作の音楽を担当する金子隆博氏だ。往年のJ-POPファンはこう語る。

「金子さんは、『フラッシュ金子』という名前で、米米CLUBでサックスを吹いていました。それが42歳のときに突然、難病の『職業性ジストニア』を発病し、サックスを吹けなくなってしまった。その後、血のにじむような練習をしてピアニストとなり、現在の活躍に至るのですが、『るい編』でジョーがトランペットを吹けなくなったときから、米米ファンの間で『ジョーのモデルは金子さんじゃないか?』と言われていた。ジョーがピアニストとして復活したとき、『やっぱり金子さんがモデルだったんだ!』と確信しました」

 金子氏本人も4月6日放送の『カムカム』に登場。ドラマで「クリスマス・ジャズフェスティバル」に出演したビッグバンドのピアニスト役として見事な演奏を披露。ジョーと共演を果たした。

 果たして、ジョーのモデルは金子氏なのか。

 NHK広報部に聞くと、「錠一郎の人生と金子さんの人生は全く違うので、金子さんが錠一郎のモデルという事実はありません。錠一郎がトランぺッターとしての道を断念するというストーリー上の流れがあり、その原因となる病気について金子さんにお話を伺って、参考にさせて頂きました」と回答。

 いよいよ最終回を迎える同作だが、『カムカム』ロス視聴者が再放送を見返す際には、ジョーと金子氏の背景を思いながら、番組に流れる音楽に耳を傾けてみると、より作品を深く楽しめるかもしれない。

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト