ビジネス

ANAHD芝田浩二新社長「最も印象深かった仕事は天安門事件の邦人救出」

ANAホールディングス新社長に就任した芝田浩二氏

ANAホールディングス新社長に就任した芝田浩二氏

 航空会社のANA(全日本空輸)などを傘下にもつANAホールディングスの新社長に、代表取締役専務執行役員だった芝田浩二氏(64)が4月1日付で就任した。コロナ禍とウクライナ危機による向かい風を受けるなかでANAホールディングスを率いることになった新社長が自身のこれまでのキャリアで印象深かった経験を振り返った。

 東京外国語大学に進学し、在学中に北京の日本大使館に勤務した経験もある芝田氏。4月8日発売の本誌・週刊ポストでは、コロナで大打撃を受けた企業の復活への取り組みを特集し、そのなかで芝田氏がインタビューに応じた。取材現場では、入社後の自身のキャリアについて「ずっと何かしら国際線に関わるような仕事をやってきた」と振り返った。
 
「1983年から1990年まで営業本部国際部に所属していたのですが、自分にとってそこでの7年間は非常に思い出に残る時代でしたね。国際定期便を飛ばす前の下ごしらえなどをやっている部署なんですが、チャーター便で起きるいろんな課題を1つ1つ解決していくのが主な仕事でした。

 1986年にはワシントンD.C.への定期便の就航が始まったわけですけれども、その時は実際にワシントンに出向いて支店の設営を現地の人と一緒にやりましたね。事務仕事だけではなく、本当にフィジカルな仕事を2か月ぐらい、やらせてもらったりもしました」

 その翌年の1987年にANAは、中国路線の就航を開始した。

「前年の1986年から、定期便の就航に向けて着々と準備を進めておりました。当時、中国の副首相だった李鵬さんのところにも、弊社は陳情に行ったりしているんですよね。そのときも通訳兼事務方として同行しました。会談の様子や内容について、今日はこうだったとか、細かな点まで毎日レポートを書いていました」(芝田氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン