芸能

山岸舞彩はNHK青井実アナの義姉だった 現在はママ書道家として活躍

NHK青井実アナの“家族”にも注目が(写真はNHK公式HPより)

NHK青井実アナの“家族”にも注目が(写真はNHK公式HPより)

 NHKの4月改編で、青井実アナ(41)が『ニュースウオッチ9』のキャスターに就任した。和久田麻由子アナ(33)が降板し、青井アナと山内泉アナ(27)、解説委員の田中正良氏(55)の3人体制になる。

「青井アナは報道番組だけでなく、『土曜スタジオパーク』や『MUSIC JAPAN』まで硬軟問わず幅広く担当してきた実力派。これまで『ニュースウオッチ9』は男性解説者と女子アナというペアでやってきましたが、改編で男性アナを加えるとなった時に真っ先に名前が挙がったのが青井アナだったそうです」(NHK関係者)

 新たに夜の顔となった青井アナだが、その“家族”にも注目が集まっている。青井アナの祖父は丸井グループ創業者の青井忠治、兄は不動産会社アトムの社長、兄嫁は元フリーアナの山岸舞彩(35)である。

 青井アナの義姉に当たる山岸は『news zero』のキャスターなどで活躍し、9頭身のスタイルで視聴者を魅了したが、2015年の結婚を機に引退。表舞台から姿を消した。だが、近年も“別の舞台”で活動を続けているという。それが書道だ。

「幼少期から書道を嗜み、師範の腕前を持つ本格派です。タレント活動で多忙ななかでも書道だけはずっと続けていた。引退後も『山岸彩周』の雅号で書き続けています」(山岸を知る芸能関係者)

 日本の3大書道展のひとつである毎日書道展でも、山岸の名前を見つけることができる。直近では2021年7月に同展の「かな」部門で入選しており、2019年、2017年も同じく「かな」で入選。2016年には「近代詩文書」でも入選を果たした。毎日書道展の入選は、書家の世界では一流の証とされており、山岸の腕前が見て取れる。キー局関係者が語る。

「2020年には元テレビ朝日の竹内由恵アナ(36・現在はフリー)のインスタグラムに登場し、2児の母であることも明らかになった。青井アナが注目されているタイミングですし、もし山岸さんが復帰なんてことになれば、メディアは沸くでしょう」

 ママ書道家として、再び脚光を浴びる日は来るか。

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン