芸能

フジテレビ藤本万梨乃アナ、さんまの相方に抜擢の理由は「のんべえ」キャラ

フジ・藤本万梨乃アナには意外な一面も(写真/ロケットパンチ)

フジ・藤本万梨乃アナには意外な一面も(写真/ロケットパンチ)

 4月に7年ぶりの大改編が行なわれたフジテレビでは、「女子アナ人事」も大きく動いた。なかでも注目を集めている人物が、トークバラエティ『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)の3代目アシスタントに起用された藤本万梨乃アナ(26)だ。フジ局員が語る。

「初代アシスタント・久代萌美アナ(32)の後任は、久慈暁子アナ(27)が務めましたが、退社を理由にわずか1年弱で番組を離れることになった。局としては、さんまさんに面目が立たない状態で、次の“相方”は何としても長く務められる人じゃないといけなかった。そんな重要なポジションを任されたのが、藤本アナでした」

 藤本アナは東大医学部卒の才媛として知られ、2019年に入社してからは『めざましテレビ』のフィールドキャスターをメインに被災地にも足を運ぶなど、報道畑にいた。そんな彼女になぜ白羽の矢が立ったのか。

「テレビからは生真面目な印象を受ける藤本アナですが、一部の局員の間では彼女が“のんべえ”であることは有名な話。コロナ前は新橋にある赤提灯の店で、日付けが変わるまで飲み明かしていた。彼女のそうした意外な一面を面白がった『向上委員会』のスタッフが、バラエティ向きだとして起用を決めたと聞いています」(別のフジ局員)

 4月2日に初登場した際には、「だっちゅーの!」ポーズのギャグを披露するなど、早速殻を破りスタジオを沸かせた。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「久代アナは、さんまさんとのやり取りをきっかけにイジられキャラが開花して人気アナになりました。今回の抜擢は、藤本アナにとって大きなチャンスであると同時に今後の方向性を占う試金石でもあると言えるでしょう」

 番組を機に“人気向上”となるか。

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン