芸能

小嶋陽菜「オトナな着こなし」深夜2時に見せた女経営者の顔

小嶋陽菜を目撃、そのファッションもオトナでステキだった

小嶋陽菜を目撃、そのファッションもオトナでステキだった

 4月に入っても少し肌寒いままだったある日の深夜2時、ラジオ局から圧倒的なオーラを漂わす女性が現れた。ウェーブがかかりきれいにまとまったロングヘアに、ベージュ色のクールなロングコートをベルトで結び、胸元からはスカーフを小粋にチラ見せするオシャレな服装。彼女は、元AKB48のアイドルで、現在は社員30人を従えるアパレル会社を経営する「こじはる」こと小嶋陽菜(33才)である。

 322万ものフォロワーを抱える公式インスタグラムでは、自社ブランド『Her lip to(ハーリップトゥ)』のかわいさが際立つ、ガーリーな服装の画像が多いが、この夜の私服はオトナっぽい雰囲気が強かった。

 AKB48時代から彼女を知る芸能関係者は「ほかの元メンバーたちには、女優や歌手といったテレビや映画に出る仕事を続ける人が多い中、こじはるさんは毛色が違います。タレント業よりも、ファッション、美容関係のプロデュース業やクリエイターたちとの仕事に没頭しているように見えますね」と話す。

 また「たまのテレビ出演では、必ず自社ブランドを宣伝します。アイドル現役時代にバラエティー番組で長くMC共演をしていた有吉弘行(47才)の特番『有吉の夏休み』では、その宣伝を笑いの鉄板ネタにして、嫌みなところを一切出さない。そんなところも商売上手です」と評した。

 AKB48時代は元祖・神セブンの人気者。同じ女性層からも憧れられる“おいしい”ポジションを築いたにもかかわらず、なぜ裏方志向なのか?

 別の芸能関係者は、「AKB48の大ブレーク時には、美人の外見が仇となり、逆に陽の目を浴びない苦労をしたからです」と明かす。

 当初のAKB48は「クラスで1番目ぐらいのルックスよりも、誰かが熱心に応援したい子」というコンセプトだったとされている。素朴な子が、スポットライトを浴びて輝いていく方が注目を浴びていた。ガツガツとセンターを目指す同僚たちとは対照的に、おっとりした小嶋は「トボけた美人」「見た目だけの未完の大器」と言われて、神セブンの中でも最も目立たなかった。

 さすがに本人も「私は何をしているんだろうって悔しい気持ちがありました」と、かつて語っていた。

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン