芸能

桃太郎が題材の戦隊モノ『ドンブラザーズ』、時代劇研究家も驚いた内容

「暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ」

『暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ』は桃太郎がモチーフ(公式HPより)

 スーパー戦隊シリーズの46作目「暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ」(テレビ朝日系)が話題を呼んでいる。昔話『桃太郎』をモチーフにした作品で、主人公のドンモモタロウが、仲間とともに人間の消去をもくろむ敵に立ち向かうストーリー。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが驚きのその内容を解説する。

 * * *
 長年、時代劇研究家を名乗っている私は、画面に出てくる「ちょんまげ」には、激しく反応してしまう癖があるが、その意味で久しぶりに「おお」と驚いたのが、『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』である。

 その主人公、桃井タロウが変身したドンモモタロウの頭上には、真っ赤なちょんまげが! …というか、正確には「ちょんまげに見えるもの」があるのである。ナイスなヒーロー登場と喜んでいたが、実際はそれどころじゃない。毎回、驚きの連続だ。

 一番驚くのは、戦隊がちっともまとまっていないこと。タイトルの「ドンブラ」をきいただけで、多くの人が「これは桃太郎がモチーフ」と察すると思う。ということは、戦隊のメンバーは、犬、猿、雉で、桃太郎のお供としてチームワークはバッチリかと思いきや、みんなてんでバラバラなのだ。

 そもそもの始まりは、21年前、謎の男・桃井陣(和田聰宏)がどんぶらこと川を流れてきた桃型カプセルから、赤子を拾ったこと。成長した桃井タロウ(樋口幸平)は、シロクマ宅配便に勤務中。やたらハイテンションのタロウは、配達した相手に「これであんたと俺は縁ができた!」「おれは幸福を運ぶ」と言い放つ。正直者で能力は高いが空気は読まない男。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト