芸能

桃太郎が題材の戦隊モノ『ドンブラザーズ』、時代劇研究家も驚いた内容

ピンクは

”ピンク”は今回は男性だ

 一方、漫画家デビューしたものの盗作騒動に巻き込まれた女子高生鬼頭はるか(志田こはく)は、よくわからないままに自らもイエローのオニシスターに。その場にいたピンクのキジブラザーとともに人の欲望から生まれるモンスター“ヒトツ鬼”とヒトツ鬼を人間ごと消去しようとするダークな組織「脳人(ノート)」と戦う。

 さらにブルーのサルブラザー、ブラックのイヌブラザーも加わり、敵と激突。そして、闘いが激烈になったその時、どこからかお囃子のような音が。なんと白い羽衣の天女たちが舞い踊り、祭り男たちが担ぐ真っ赤な神輿の上に真っ赤なバイクにまたがるドンモモタロウが姿を現した。

 盛り上がった彼は額のピンクの桃を輝かせながら、「袖すり合うも他生の縁、つまずく石も縁の始まり」「悩みなんてぶっ飛ばせ!!」と大張り切りで飛び回る。

 踊り連を引き連れる戦隊ヒーローというのもびっくりだが、この時点で、ヒーローたちはお互いのことをよく知らないままに戦っていたのである。しかも、キジブラザー(鈴木浩文)は新婚のサラリーマン、サルブラザー(別府由来)は喫茶店「どんぶら」の支払いを「俳句で」なんていう無職の風流人。イヌブラザー(柊太朗)は無実の罪で警察に追われている。ライフスタイルもさまざま。ドンブラザーズには、それぞれの事情があるのだ。

 さらにドンブラザーズは、アバタロウギアを使うとさらに歴代スーパー戦隊の姿にもアバターチェンジが可能なのである。アバター三昧、さすが暴太郎。ハイスピードの展開にクラクラしそうなときもあるが、「これは?」「なんと!」とびっくりしていると、ドンモモタロウの「めでたし、めでたし」で一件落着する。この力技が面白すぎて癖になることも確かだ。各地で盛大に祭りができない昨今、突き抜けたお祭りキャラに、気分があがる。それでいいのだ。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン