ライフ

フリーアナ柴田阿弥さんと暗渠をめぐる「RPGのような楽しさ!ハマりそうです」

かつて川や用水路だった暗渠を柴田阿弥アナが巡る(写真は榎橋)

かつて川や用水路だった暗渠を元SKE48の柴田阿弥アナが巡る(写真は榎橋)

 江戸時代から「水の都」として発展してきた東京には、かつて川や用水路だった暗渠が無数にある。暗渠研究の第一人者・本田創さんが案内人となり、元SKE48でフリーアナウンサーの柴田阿弥さんと初心者向けの暗渠ルートを歩いた。

 出発地は、高層ビル街から程近い西新宿5丁目の神田川合流口の上。本田さんが説明する。

「ここから暗渠を遡ります。当時川に架かっていた40本余の橋のうち、橋跡が14本残っています。遺構や地形から浮かび上がる当時の生活に思いを馳せ、本来あったはずの風景を想像しながら歩くと楽しいですよ」

 かつて杉並区から世田谷区、渋谷区、新宿区まで約4kmにわたって流れていた神田川支流(玉川上水幡ヶ谷分水)は西新宿で神田川に合流していたが、1960年代半ばに暗渠化された。昭和の雰囲気が残る柳橋に差し掛かると、柴田さんが驚きの声を上げた。

「都心にこんな場所があるなんて! なぜか懐かしくなります。歩いている場所が昔は川だったと思うと、目線が変わりますね」

 ゴールは、源流付近に位置する杉並区の「沖縄タウン」(杉並和泉明店街)。

「古地図と現在地を比べながら歩いて川の痕跡を発見するのは、冒険しているようでRPGのような楽しさでした! 暗渠巡りの面白さにハマりそうです」(柴田さん)

【プロフィール】
柴田阿弥(しばた・あや)/1993年生まれ、愛知県出身。SKE48メンバーとして活躍後、2016年にフリーアナウンサーに転身。ABEMA NEWSチャンネルの生放送番組『ABEMAヒルズ』(平日12時~月・火・金担当)などでキャスターを務める。

本田創(ほんだ・そう)/1972年生まれ、東京都出身。小学生時代に祖父から古い東京区分地図をもらったのをきっかけに暗渠の探索に目覚め、「暗渠者」として活動を続ける。著書に『東京暗渠学』、編著に『東京「暗渠」散歩』など。

撮影/小倉雄一郎 取材・文/上田千春

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン