ライフ

藤井聡太、永瀬拓矢、高見泰地、深浦康市…10年前、小学生の大会で彼らは出会っていた

第一線で活躍する棋士たちが、指導棋士や審判として参加していた

第一線で活躍する棋士たちが、指導棋士や審判として参加していた

 5つのタイトルを保持し、通算勝率8割超えという驚異の数字を誇る天才棋士・藤井聡太竜王(19)と彼の研究パートナーであり、将棋に対するあまりにストイックな言動から“軍曹”の異名を持つ永瀬拓矢王座(28)。今でこそ共に将棋界を牽引する存在としてライバル関係にあるが、10年前、2人は大会参加児童と指導棋士というかたちで思いがけず出会っていた──。

 舞台は2012年1月、東京・神保町の小学館本社の裏にある一ツ橋センタービルの12階で開催された小社主催の「第9回小学館学年誌杯争奪全国小学生将棋大会」。応募者の中から各学年抽選で選ばれた32人が対局し、最終的には各学年優勝者のトーナメント戦により全体の1位を決める大会で、倍率5倍という人気イベントだった。

 9歳の藤井少年は小学3年生の部の抽選に当たり、母親とともに会場を訪れた。対する永瀬王座(当時は四段)は、他学年の指導棋士として会場に招かれていた。小学館社員として大会運営にあたっていた同社OBの中原康氏はこう話す。

「もともと学年誌『小学五年生』で将棋漫画を連載していたこともあり、子供たちに将棋を普及させたいという思いがあって開催していました。トーナメント形式なので、負けると手持ちぶさたになってしまう子供たちが出てくる。そこで、子供たちが『会えて嬉しい』と思えるような人気棋士の方に、指導に来てもらっていたんです。そのうちの1人が、永瀬さんでした。

 実は、永瀬さんはこの学年誌大会の参加者から初めてプロになった棋士なんです。学年別の決勝トーナメントで負けていた永瀬さんがその後プロになり、第9回の大会では指導棋士として藤井少年と同じ対局会場に居合わせ、いまや王座として藤井さんと一緒に研究に励んでいると思うと感慨深いですね」

 この時、会場にいたのは永瀬王座だけではない。“超豪華”な顔ぶれが勢揃いしていたのだ。

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン