ライフ

藤井聡太、永瀬拓矢、高見泰地、深浦康市…10年前、小学生の大会で彼らは出会っていた

第一線で活躍する棋士たちが、指導棋士や審判として参加していた

第一線で活躍する棋士たちが、指導棋士や審判として参加していた

 5つのタイトルを保持し、通算勝率8割超えという驚異の数字を誇る天才棋士・藤井聡太竜王(19)と彼の研究パートナーであり、将棋に対するあまりにストイックな言動から“軍曹”の異名を持つ永瀬拓矢王座(28)。今でこそ共に将棋界を牽引する存在としてライバル関係にあるが、10年前、2人は大会参加児童と指導棋士というかたちで思いがけず出会っていた──。

 舞台は2012年1月、東京・神保町の小学館本社の裏にある一ツ橋センタービルの12階で開催された小社主催の「第9回小学館学年誌杯争奪全国小学生将棋大会」。応募者の中から各学年抽選で選ばれた32人が対局し、最終的には各学年優勝者のトーナメント戦により全体の1位を決める大会で、倍率5倍という人気イベントだった。

 9歳の藤井少年は小学3年生の部の抽選に当たり、母親とともに会場を訪れた。対する永瀬王座(当時は四段)は、他学年の指導棋士として会場に招かれていた。小学館社員として大会運営にあたっていた同社OBの中原康氏はこう話す。

「もともと学年誌『小学五年生』で将棋漫画を連載していたこともあり、子供たちに将棋を普及させたいという思いがあって開催していました。トーナメント形式なので、負けると手持ちぶさたになってしまう子供たちが出てくる。そこで、子供たちが『会えて嬉しい』と思えるような人気棋士の方に、指導に来てもらっていたんです。そのうちの1人が、永瀬さんでした。

 実は、永瀬さんはこの学年誌大会の参加者から初めてプロになった棋士なんです。学年別の決勝トーナメントで負けていた永瀬さんがその後プロになり、第9回の大会では指導棋士として藤井少年と同じ対局会場に居合わせ、いまや王座として藤井さんと一緒に研究に励んでいると思うと感慨深いですね」

 この時、会場にいたのは永瀬王座だけではない。“超豪華”な顔ぶれが勢揃いしていたのだ。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン