国内

【特集1982年】『AKIRA』『ナウシカ』連載開始 旧習に抗う若者を描く作品が話題

トットちゃん

黒柳徹子著『窓ぎわのトットちゃん』(講談社)は、黒柳の自伝。いわさきちひろの挿絵も人気を博し、約800万部を売り上げ、戦後最大のベストセラーに

 働き盛りの若い世代が時代を牽引していた1980年代初頭の日本。内閣府の『高齢社会白書』(2020年)によると、1980年の15〜64才人口は約67%(2020年は約59%)で、高齢化率は約9%(2020年は約29%)。カルチャーの分野でも若者を対象とした作品が次々と登場していた。今から40年前の1982年のメディアは、どういったものだったのだろうか──。

マスメディアのターゲットが若者に

「1982年のマスメディアの主なターゲットは若者でした」

 とは、放送作家の野呂エイシロウさんだ(「」内、以下同)。

「1982年に『YOU』(NHK Eテレ)という10〜20代向けの討論番組が放送を開始したのですが、初代司会者にコピーライターの糸井重里さん、テーマ曲に作曲家の坂本龍一さん、タイトル画に漫画家の大友克洋さんを起用。従来のNHKにないポップな感覚が話題になりました。“あのNHK”が、それだけの力を入れて若者に向けて発信していこうという意気込みが感じられました」

 この時代のテレビ番組は明るいバラエティー番組が人気を博した一方で、社会問題を取り上げたドラマが流行。トーク番組でも、自分たちが抱えている身の回りの問題や悩みについて“若者目線”で話し合える場所が求められたのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン