ライフ

脳に伝わる痛みの信号を変え、疼痛を軽減させる「SCS療法」

脊髄刺激療法(SCS)とはどんな治療法か(イラスト/いかわ やすとし)

脊髄刺激療法(SCS)とはどんな治療法か(イラスト/いかわ やすとし)

 脊柱管狭窄症など脊髄の疾病は、治療しても慢性疼痛が残ることがある。手術しても痛みは軽減せず、生活の質の低下が著しい。痛みは脊髄を通り脳に伝わるが、現在はそれを途中で別の信号に変えて痛みを軽減させる脊髄刺激療法(SCS)が行なわれている。効果がなければ中止できる上、デバイスの発達や刺激法の改良で、慢性疼痛患者の痛みの軽減率が向上している。

 脊柱管狭窄症や脊髄損傷などによる痛みは、痛みの信号が脊髄を通り脳に伝わって初めて“痛い”と認識される。

 その場合、薬物療法や手術などが行なわれるが、治療しても痛みが残る難治性の慢性疼痛になると生活に支障が出て就労困難に陥ることも。

 こうした難治性慢性疼痛に対する治療法として広がりを見せているのが、脊髄刺激療法(SCS)だ。この治療は欧米で40年以上前から実施、全世界で約35万人以上に施術されているが、日本では9000人程度でしかない。

 岩井医療財団稲波脊椎・関節病院(東京都品川区)整形外科の金子剛士医師に聞いた。

「難治性の慢性疼痛は病態が十分に解明されておらず、診断や治療が困難な症例も多く存在します。私は整形外科医として主に脊髄の治療を行なってきましたが、手術で構造を修正しても痛みの軽減に繋がらないこともありました。そのため神経に介入しなければ治療にならないと考え、SCS療法の臨床研究を始めたのです。そのSCSとは脊髄と脳の間でやり取りされる痛みの信号を別の信号に変え、痛みを軽減させる治療です。効果を確認できなければ止めることもできます」

 治療は脊髄の硬膜外にリード線を留置し、ペースメーカーのような形の神経刺激装置(ジェネレーター)を植え込み、外からコントローラーで通電刺激を行なう。通常は局所麻酔でリード線を入れ、電気刺激を実施するトライアル後に痛みの軽減が確認できた時点で、本体のジェネレーターを植え込む。

「日本ではSCSは1992年に保険収載されています。ただ当時のリード線には電極が1極しかなく、少しでもズレると痛みが軽減しないケースもあり、それが普及してこなかった大きな原因でした。近年では電極が8極のリード線が開発され、しかも2本植え込み、計16極で刺激可能になったのです。結果、70~80%で効果を実感できています」(金子医師)

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン