国際情報

ロシアに強制連行されたウクライナ住民を待つ「極東で強制労働」の過酷な未来

(時事通信フォト)

ロシア軍の非道な行いが続々と発覚している(写真/アフロ)(時事通信フォト)

 避難民の銃殺やレイプなど、ロシア軍によるウクライナ侵攻における非道な行いが続々と発覚するなか、新たに指摘されたのが「子供の強制連れ去り」だ。4月8日、ウクライナ最高会議の人権担当者であるデニソワ氏は、フェイスブックに以下のような投稿をした

「ロシアのウクライナへの侵攻以降、12万人以上の子供たちがロシア軍によって強制的に連れ去られた」

 マリウポリ市議会は3月19日、ロシア側の行為についてSNSを通じ、以下の声明を発表した。

「第二次世界大戦中のナチスによる強制連行のような蛮行が21世紀に起きている。市民がよその国へ連れ去られるとは、想像を絶する事態だ」

 一方、ロシア国防省は、ウクライナ側から65万8000人以上が「避難した」と発表した。うち12万人以上が子供だと認めた上で、「ウクライナ国民を救うための包括的支援の措置の一環」であると主張した。

 ウクライナ住民は、いったん乗ると自分の意思では降りることができない「封印列車」で運ばれているようだが、いったいどこに連れていかれるのか。

「12万人の子供たちは、家族とともにロシアの極東であるシベリアやサハリン(樺太)に送られる可能性が高い」

 そう語るのは、プーチン大統領研究の第一人者である筑波大学教授の中村逸郎さんだ。

「サハリンはソ連邦崩壊後に人口が急速に減少し、半分ほどになりました。現地では都市部に移住したロシア人に代わって中国人が大量に移住して、地域によっては中国人が人口の20%を占めるようになりました。その土地にロシア語を理解して文化が近いウクライナ人を移住させ、極東の“中国植民地化”を食い止めるのがロシアの狙いと思われます。

 ロシアはウクライナ住民を家族ごと移住させて、農作業や森林伐採の労働をやらせるつもりでしょう。コロナ禍もあって投資が集まらないなか、労働力不足を補うためにウクライナ住民を酷使するはずです」(中村さん)

 ロシア(旧ソ連)は敵国の住民を何度も自国に強制的に連れ去った歴史を持つ。その中に、日本も含まれることを忘れてはならない。

「第二次世界大戦前、旧ソ連は西の国境付近にいたドイツ人やオランダ人をシベリアに強制移送し、スターリン時代は朝鮮系の人たちを中央アジア付近に強制移住させました。さらに第二次世界大戦で日本が敗戦した際、満州に残っていた60万人近い日本人がシベリア送りになり、極寒の地で身も心も凍るほど過酷な強制労働を課せられました。日本政府の調べでは、抑留者のうち約5万5000人が死亡しています。

 今回のロシアの65万人連れ去りは、かつてのシベリア抑留を彷彿とさせる残虐な行為であり、日本にとっても他人事ではない大問題です」(中村さん)

 ウクライナ住民の連れ去りはシベリア抑留以上の悲惨な結末が待つかもしれない。

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン