芸能

山下智久『正直不動産』が奇妙な面白みを感じさせるのはなぜか

山下智久

山下智久が不動産営業マンを演じる

 人気コミックのドラマ化が必ずしもうまくいくとは限らないがこの作品はどうか。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 NHK総合で始まったドラマ『正直不動産』(火曜日午後10時)には奇妙な面白みが詰まっています。何が奇妙なのか。何がそう感じさせるのか。

 まず主人公を演じる山下智久さんの存在です。肌はシワがなくつるんとして表情も一定、声は敢えて抑揚なくどこかAIロボットみたいな奇妙な人工感が面白い。そのポーカーフェィスは何を考えているかわからない主人公像とピタリ調和しています。

 アイドルとして活動してきた拠点ジャニーズ事務所を退所し、今では活動の場を海外にも広げる山下さん。有名女優たちと数々の浮き名を流し、夜の六本木での遊びが行き過ぎてか器物破損で書類送検されたりと、超二枚目アイドル時代からどこか「優等生」の枠にはまらない独特の雰囲気とワイルドさを漂わせてきました。

 そんな山下さんが持つ印象を色に例えれば、透明とは言えずしかしブラックでもなく、微妙に濁った中間色。酸いも甘いも体験した37才山Pの「正直不動産」、まさにキャスティングは絶妙です。

 その物語は……嘘八百、口八丁で営業成績ナンバー1、登坂不動産のエース永瀬財地(山下智久)。またの名を「ライアー(嘘つき)永瀬」。平気でウソを絡めながらの営業トーク。ところがたまたま古い祠を破壊したことで祟られてしまいウソがつけない体質になり……という荒唐無稽さが見所です。

 そもそも強引な営業や不透明な情報が残っている業界ゆえ、『正直不動産』というタイトル自体にかなりの皮肉が込められています。しかも、ドラマが始まる直前にさらなる「不正直」な事件が発覚し、木下ほうか氏降板で運も尽きたかと思われた。ところが木下氏の登場場面を全てカットして「再編集に2000万円かかる」といったニュースが話題となり同情も集まり注目されたという経緯も何だか奇妙です。

 NHKは再編集作業にパワーを注入、反転攻勢に出た。宇佐川隆史プロデューサーがズバリこう伝えています。「想像をはるかに超える反響と、再編集への“激励のお電話・メッセージ”を多数いただいております」「せっかく編集をしなおすのであれば、もっと面白くしようと、スタッフ総出で奮闘中」(「ORICON NEWS」 2022.4.11)。禍転じて福となすか、お手並み拝見です。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト