芸能

山下智久『正直不動産』が奇妙な面白みを感じさせるのはなぜか

山下智久

山下智久が不動産営業マンを演じる

 人気コミックのドラマ化が必ずしもうまくいくとは限らないがこの作品はどうか。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 NHK総合で始まったドラマ『正直不動産』(火曜日午後10時)には奇妙な面白みが詰まっています。何が奇妙なのか。何がそう感じさせるのか。

 まず主人公を演じる山下智久さんの存在です。肌はシワがなくつるんとして表情も一定、声は敢えて抑揚なくどこかAIロボットみたいな奇妙な人工感が面白い。そのポーカーフェィスは何を考えているかわからない主人公像とピタリ調和しています。

 アイドルとして活動してきた拠点ジャニーズ事務所を退所し、今では活動の場を海外にも広げる山下さん。有名女優たちと数々の浮き名を流し、夜の六本木での遊びが行き過ぎてか器物破損で書類送検されたりと、超二枚目アイドル時代からどこか「優等生」の枠にはまらない独特の雰囲気とワイルドさを漂わせてきました。

 そんな山下さんが持つ印象を色に例えれば、透明とは言えずしかしブラックでもなく、微妙に濁った中間色。酸いも甘いも体験した37才山Pの「正直不動産」、まさにキャスティングは絶妙です。

 その物語は……嘘八百、口八丁で営業成績ナンバー1、登坂不動産のエース永瀬財地(山下智久)。またの名を「ライアー(嘘つき)永瀬」。平気でウソを絡めながらの営業トーク。ところがたまたま古い祠を破壊したことで祟られてしまいウソがつけない体質になり……という荒唐無稽さが見所です。

 そもそも強引な営業や不透明な情報が残っている業界ゆえ、『正直不動産』というタイトル自体にかなりの皮肉が込められています。しかも、ドラマが始まる直前にさらなる「不正直」な事件が発覚し、木下ほうか氏降板で運も尽きたかと思われた。ところが木下氏の登場場面を全てカットして「再編集に2000万円かかる」といったニュースが話題となり同情も集まり注目されたという経緯も何だか奇妙です。

 NHKは再編集作業にパワーを注入、反転攻勢に出た。宇佐川隆史プロデューサーがズバリこう伝えています。「想像をはるかに超える反響と、再編集への“激励のお電話・メッセージ”を多数いただいております」「せっかく編集をしなおすのであれば、もっと面白くしようと、スタッフ総出で奮闘中」(「ORICON NEWS」 2022.4.11)。禍転じて福となすか、お手並み拝見です。

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン