スポーツ

V9川上哲治監督が貫いたポリシー「どんな立場でも喜んで働く人をちゃんと見る」

川上監督(左)は荒川コーチ(中央)に王の指導を託した(写真/共同通信社)

川上監督(左)は荒川コーチ(中央)に王の指導を託した(写真/共同通信社)

 日本プロ野球史上に燦然と輝く金字塔が、1965年から1973年にかけて巨人が達成した9年連続日本一だ。王貞治、長嶋茂雄の「ON」を中心とした常勝軍団を束ねたのが川上哲治監督。無類の厳しさで知られたが、心遣いも超一流だったという。(文中敬称略)【全4回の第4回。第1回から読む

 * * *
 川上に人間的な温かみを感じたという証言も複数ある。中日、西鉄を経て1971年に巨人に移籍した広野功は、V7~V9まで巨人でプレーしたが、川上に温かく迎えられたことをよく覚えているという。

「キャンプ初日に夕食後、“マネージャーが“監督が呼んでいます”と言うんです。ついていくと川上さんがいて、“よう来てくれたな”と始める。そこでチーム状況をすべて話してくれるわけですよ。”うちは一塁に王がいる。外野は高田(繁)、柴田(勲)、末次(利光)がいる。

 君を一塁や外野で使うわけにいかない。堀内(恒夫)から逆転満塁サヨナラ本塁打を打った勝負強さを買って、代打の切り札で使いたい“というわけです。複雑な気持ちでしたが、そこまではっきりと役割を示した監督はいなかった。凄い人だと思いましたね。こんな監督の下で野球ができるのは幸せだ。この監督のために頑張ろうと思いました」

 川上からはゲーム前に必ず訓話があったという。広野は“どんな立場であっても喜んで働く。そういう人を私はちゃんと見ているし、世の中も評価していく”と話されたことが印象的だったという。

「ボクは代打という立場で聞いたが、それぞれの選手、あるいは裏方の人たちも自分の仕事と向き合える言葉だったのではないか。川上監督は裏方に常に声を掛け、チームが一丸となった。連覇をしていくのは、何か宗教的にリーダーについていくという気持ちがないとできないんだなと思いました」(広野)

 V9巨人で遊撃手のレギュラーを務めた黒江透修も社会人から巨人入りした直後のキャンプをこう振り返る。

「キャンプ中に川上さんが直筆で女房に“ご主人は頑張っています。だから心配しないでください”と手紙を書いてくれた。妻帯者は女房に、独身者は両親に送ったようです。“哲のカーテン”とか、管理野球と言われますが、内部の者からすれば川上さんはものすごく気配りの人。ボクも公式の場以外では“親父さん”と呼んでいましたから」

 常勝軍団を束ねる名将は、厳しさと優しさを兼ね備えていたのだ。

(了。第1回から読む

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト