ライフ

本来1日2食だった日本人の食生活 昼食を摂る文化が生まれたのは江戸時代

(写真/pixta)

1日3食は食べ過ぎ?(写真はイメージ)

 食生活の基本であるといわれ続けてきた「1日3食」。実際に文部科学省は小学校教育の中の「食育」の一環として1日3度の食事を推進している。

 しかし歴史をひもとくと、私たちが3度の食事を摂るようになったのは比較的最近のことのようだ。江戸料理文化研究所代表の車浮代さんが解説する。

「日本人の食生活は長らく、朝夕の1日2回のみとされていました。ところが、江戸時代に入り、都市に人口が増えて建物が密集するようになると火事が増え、突貫工事での修復が続きました。普請は力仕事でお腹も空く。空腹を抱えた多くの労働者のため、昼食を出す屋台が立ち並ぶようになったことをきっかけに、昼食を摂る文化が定着しました。

 こうした事情に加え、照明の発達も1つの理由だと考えられます。江戸時代以前は太陽の動きとともに暮らしていたため、日が落ちた後は仕事や家事を休み床に入っていた。しかし魚油やごま油、菜種油のような照明用の油が行き渡るようになったことで庶民の暮らしにも照明が浸透するようになりました。その結果、遅い時間まで活動できるようになったことも影響しているのでしょう」

 もちろん当時は農業・建設機械はもとより、自動車も電車もない。農民のほか大工や飛脚など体力が必要な仕事がほとんどで、運動量が多ければその分食事も多く摂る必要があったのは当然だろう。

「江戸時代と比べると、現代は運動量が激減しています。特に昨今のテレワーク生活においてその傾向は顕著です。つまり、いまの私たちが3食食べる必要はない。“朝昼晩”に固執するのではなく、お腹が空いてから食べることを心がけた方がいい。私自身も空腹を感じるまでは食事を摂らないようにしているため、自然と1日2食になる日が多いです」(車さん)

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト