ライフ

夫に任せるべき家事は何? 料理ならインスタントみそ汁から、ゴミ出しも重要

(写真はイメージ)

重労働こそ夫に活躍してもらうチャンス(写真はイメージ)

 共働き家庭が増えている昨今、夫であろうが妻であろうが、家事を担当するのが当たり前となっている。しかし、家事に慣れていないがゆえに、サポートしたいけど、上手くできないという夫も少なくない。では、やる気スイッチが入った夫には、どんな家事を任せるのが正解なのだろうか──。

 負担が大きく、できなければ将来的に死活問題にもなり得る「料理」は重要な家事だが、決して簡単なものではない。まずは「インスタントみそ汁」から始めるべきだと、『なぜ妻は「手伝う」と怒るのか』(平凡社新書)などの著書がある家事研究家の佐光紀子さんは言う。

「料理をしたことがない男性の中には、みそ汁に『だし』を入れることを知らない人もいます。まずは、お椀に入れたインスタントのみそ汁にお湯を注いで、みそ汁を作るところから始めましょう。慣れてきたら、鍋にお湯を沸かして、豚肉を入れ、色が変わったら、わかめなどの具材が入っているインスタントみそ汁を入れて豚汁を作ってもらう。それから、みそとインスタントのだしでみそ汁を作る、といった具合に段階を踏んで難易度を上げます。インスタントはだしが入っているけれど、みそだけでは味にパンチがないと実感することで、だしの大切さもよくわかります」

 家事をしたことがない夫は、スーパーで目当ての食品を買うことも難しい。棚を見つけられず、店員に尋ねることもできず、レジの仕組みもわからず、手ぶらで店を出るはめになることも。

 夫がひとりでも買い物できるように、休日は一緒にスーパーへ行き、売り場や品ぞろえを知ってもらうといい。そして、会社帰りに食材の買い出しを頼んでみよう。NPO法人「tadaima!」代表理事で、家事シェア研究家の三木智有さんが指摘する。

「その際、『今日の夕食の食材』を頼むのは危険です。仕事で遅くなり、夕飯に間に合わなくなる恐れがあります。明日以降の食材など、時間の制限がない買い物を頼む方がお互い気楽です」

 時間の制限がない家事はほかに、子供のおもちゃの片づけ、食器洗い、洗濯物をたたむ、アイロンがけなどがある。このとき、“妻のルール”を夫に押しつけてはいけない。全日本ズボラ主婦連盟代表理事を務める料理研究家の浅倉ユキさんが言う。

「ある家庭で、妻が食器用、鍋用、シンク用とスポンジを分けていたのですが、夫はそんなことは知らないので、シンク用のスポンジで皿を洗ってしまった。妻がそれを注意したら、夫はへそを曲げて二度と皿洗いをやってくれなくなったそうです。一度任せたのなら、“夫クオリティー”を尊重してください」

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン