芸能

テレ朝が今春入社した「新人女子アナ」の素性をひた隠しにするワケ

雨のなか会見にのぞむ斎藤ちはるアナ(2019年)

入社直後から番組に出演していた斎藤ちはるアナ(2019年)

 4月に入って異動シーズンを迎え、テレビ各局でも女子アナたちの担当番組が変更されて注目が集まっている。特にテレビ朝日では元乃木坂46のメンバーで『羽鳥慎一モーニングショー』アシスタントだった斎藤ちはるアナ(25)と、『グッド!モーニング』に出演していた森山みなみアナ(23)が担当番組をチェンジしたことが話題になった。そんなテレ朝において、新人女子アナの起用を巡ってある“異変”が起きている。

 テレビ朝日の社員が語る。

「今年はまだ、新人アナの外部への公表がされていないんです。もちろん今年も入社しているんですが……。ほかの局であれば、研修が終わる夏頃に“情報番組で自己紹介”なんて流れでもおかしくはないんですが、ウチは“最速デビュー”で売ってきた経緯があるので、社内でも『いつ発表するんだ』と噂しています」(テレ朝社員)

 ここ数年、テレビ朝日は「入社直後」ないし、フライング気味に「入社前」から番組のアシスタントに起用して「最速デビュー」させることでメディアの注目を集めてきた。そして、その“元祖”は今回の春の担当替えで話題になった斎藤ちはるアナだ。

 2019年入社の斎藤アナは入社式前の4月1日から『羽鳥慎一モーニングショー』のアシスタントとして出演、さらに同期の下村彩里アナ(27)も4月5日から『報道ステーション』のお天気担当として番組に出演している。翌年の2020年は安藤萌々アナ(24)、渡辺瑠海アナ(25)、佐藤ちひろアナ(24)と3人の女子アナが入社したが、全員が4月中旬までに情報番組や系列のAbema TVなどで担当番組を受け持って出演している。2021年入社は冒頭で紹介した森山アナはもちろん、田原萌々アナ(23)も入社翌日から『Abema Prime』のアシスタントに抜擢されている。

 そうした流れのなかで、番組出演をしていないどころか「誰が入社したのか」さえ明かされていないのは同局としては異例と言えるかもしれない。その背景には何があるのか――。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「まず理由の1つとして考えられるのが、社内の女子アナが“飽和”しているということです。テレ朝での新人抜擢といえば『報ステ』のお天気アナやスポーツ担当などですが、どのポジションも近年入社した女子アナで埋まっています。通常は抜擢したばかりの番組をいきなり降板・異動することは稀なので、すぐに担当させられる番組がなかったのではないかと思います。

 さらにコロナ禍の影響で、内定を出してから正式に入社するまでに新人教育がやりにくいというのも大きいかもしれません。実際に女子アナが内定者時代に派遣されることが多い各種イベントが実施されていないことが多い。テレ朝も夏に行なわれていた『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り』は中止になりましたから。なので、今年入社する女子アナはじっくり育てることにして、これまでの通例だった甲子園絡みの番組や、研修後に情報番組のリポーターなどでお披露目されるのではないでしょうか」

 弘中綾香アナ(31)をはじめ、人気アナが多いテレビ朝日。新人アナには否が応でも世間の注目が集まるだけに、まだ見ぬ新人アナの“初鳴き”にも期待が高まる。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン