国内

南海トラフ地震 被害想定は東日本大震災の10倍以上、国家税収の3倍

(時事通信フォト)

巨大地震は30年以内に起きるといわれている(時事通信フォト)

 日本各地で地震が頻発している。3月16日には、福島県と宮城県で最大震度6強を記録。東北新幹線は脱線し、全線復旧までほぼ1か月を要するなど、大きな被害をもたらした。4月11日には政府の地震調査委員会が「3月には日本や周辺域でマグニチュード(M)4以上の地震が195回発生した」と発表。2013年以降、最も多い数だった。

 世界で発生したM6以上の地震のうち、約2割が日本周辺で起きるため、「地震大国」と呼ばれる日本。太古から日本列島は巨大地震に見舞われてきた。日本書紀に記録されている飛鳥時代の684年に起きた白鳳地震は、南海トラフ巨大地震と推定される確実な記録としては最古のもの。869年には古代最大級の三陸沖を震源とする貞観地震(M8.3)が発生し、津波を伴い1000人以上の死者を出した。

 それにはわけがある。日本列島は、地球上でも厄介な位置にあるからだ。地球の表面は「プレート」と呼ばれる岩の層で覆われており、日本は陸のプレートである「北アメリカプレート」と「ユーラシアプレート」、海のプレートである「太平洋プレート」と「フィリピン海プレート」という4つのプレートの境界上にある。

 海のプレートは陸のプレートの下に1年間に数cm程度の速度で沈み込む。そのとき、陸のプレートには元に戻ろうとする力が働き、2つのプレートにひずみが生まれる。そのひずみが限界を迎えると陸のプレートが元の位置に戻ろうとして跳ね返る。そうして起きるのが「海溝型地震」と呼ばれるもので、東日本大震災のような津波を引き起こす巨大地震につながるのだ。

 もう1つ、日本で起きる地震がある。陸のプレート内部を震源とする「直下型地震」だ。海のプレートと押し合うことで、陸のプレート内部にもひずみが生まれる。それが限界を迎えるとプレート内部の断層が一気に動き、上下にずれたり左右に食い違うことで地震が発生する。阪神・淡路大震災はこれによるものだ。

 現在、日本で最も危険視されているのが、京都大学名誉教授で地球科学者の鎌田浩毅さんが指摘する「海溝型地震」の南海トラフ巨大地震である。政府は南海トラフ巨大地震の規模を東日本大震災と同じM9クラスと予測し、30年以内に70〜80%の確率で起きるとしている。地震学者で武蔵野学院大学特任教授の島村英紀さんが話す。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン