国内

南海トラフ地震 被害想定は東日本大震災の10倍以上、国家税収の3倍

(時事通信フォト)

巨大地震は30年以内に起きるといわれている(時事通信フォト)

 日本各地で地震が頻発している。3月16日には、福島県と宮城県で最大震度6強を記録。東北新幹線は脱線し、全線復旧までほぼ1か月を要するなど、大きな被害をもたらした。4月11日には政府の地震調査委員会が「3月には日本や周辺域でマグニチュード(M)4以上の地震が195回発生した」と発表。2013年以降、最も多い数だった。

 世界で発生したM6以上の地震のうち、約2割が日本周辺で起きるため、「地震大国」と呼ばれる日本。太古から日本列島は巨大地震に見舞われてきた。日本書紀に記録されている飛鳥時代の684年に起きた白鳳地震は、南海トラフ巨大地震と推定される確実な記録としては最古のもの。869年には古代最大級の三陸沖を震源とする貞観地震(M8.3)が発生し、津波を伴い1000人以上の死者を出した。

 それにはわけがある。日本列島は、地球上でも厄介な位置にあるからだ。地球の表面は「プレート」と呼ばれる岩の層で覆われており、日本は陸のプレートである「北アメリカプレート」と「ユーラシアプレート」、海のプレートである「太平洋プレート」と「フィリピン海プレート」という4つのプレートの境界上にある。

 海のプレートは陸のプレートの下に1年間に数cm程度の速度で沈み込む。そのとき、陸のプレートには元に戻ろうとする力が働き、2つのプレートにひずみが生まれる。そのひずみが限界を迎えると陸のプレートが元の位置に戻ろうとして跳ね返る。そうして起きるのが「海溝型地震」と呼ばれるもので、東日本大震災のような津波を引き起こす巨大地震につながるのだ。

 もう1つ、日本で起きる地震がある。陸のプレート内部を震源とする「直下型地震」だ。海のプレートと押し合うことで、陸のプレート内部にもひずみが生まれる。それが限界を迎えるとプレート内部の断層が一気に動き、上下にずれたり左右に食い違うことで地震が発生する。阪神・淡路大震災はこれによるものだ。

 現在、日本で最も危険視されているのが、京都大学名誉教授で地球科学者の鎌田浩毅さんが指摘する「海溝型地震」の南海トラフ巨大地震である。政府は南海トラフ巨大地震の規模を東日本大震災と同じM9クラスと予測し、30年以内に70〜80%の確率で起きるとしている。地震学者で武蔵野学院大学特任教授の島村英紀さんが話す。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン