芸能

尾崎豊、突然の死から30年 人気曲アンケート1位は『I LOVE YOU』

青山学院高等部に通っていた尾崎は、渋谷クロスタワー前の歩道橋で夕日を眺めていたという。三回忌となる1994年4月25日に歌碑が建立された

青山学院高等部に通っていた尾崎は、渋谷クロスタワー前の歩道橋で夕日を眺めていたという。三回忌となる1994年4月25日に歌碑が建立された

 1992年4月25日──日本のロックシーンを代表するシンガーソングライター尾崎豊が26才の若さでこの世を去った。それから30年……時を経てもいまだに色褪せない魅力を放っている。そんな尾崎の人気曲についてのアンケートを実施した(※『女性セブン』の読者、全国の20〜80代既婚女性1975人が回答、回答期間:2022年3月20〜23日)。

1980年代、異質な存在感を放っていた

 1983年12月、ひとりの高校生がデビューした。アルバム『十七歳の地図』は初回2234枚しか出荷されず、華々しいデビューとはいかなかったが、その後のライブ活動で爆発的にファン層を広げ、2ndアルバム『回帰線』はオリコン1位を記録。一躍スターダムにのし上がった。その青年こそ、尾崎豊だ。

「当時は、松田聖子や中森明菜が活躍するアイドル全盛時代。明るい楽曲が主流だったのですが、尾崎さんは、思春期の葛藤をリアルに歌い、若者の支持を集めた。とても異質な存在でした」

 とは、生前親交のあった音楽評論家の田家秀樹さんだ。

「尾崎さんが“10代の教祖”と呼ばれるカリスマになったのは、当時の世相も影響しています。1980年代は学生運動の轍を踏まないためにも学校の管理教育が厳格化。その弊害として校内暴力などが社会問題に。そこに“もう学校や家には帰りたくない”という思いを表現した尾崎さんの歌詞が重なりました」(田家さん)

 反抗の旗手とされた尾崎は、実際は真面目でやさしい青年だったという。

読者が愛した楽曲とは…?

 読者が愛した尾崎豊の楽曲ランキングの結果は以下の通り。1位『I LOVE YOU』、2位『15の夜』同票で3位『卒業』『OH MY LITTLE GIRL』、5位『僕が僕であるために』。『卒業』以外の4曲は、デビューアルバムに収録されている。

「これらは、10代の尾崎さんが作詞・作曲したデビュー作であり集大成。9年間の音楽活動で発表した曲は71曲ですが、その大半が、孤独で傷ついた人に寄り添う作品なんです」(田家さん・以下同)

 だからこそ、「傷ついたときに聴いて励まされた」という読者が多いのだろう。

「彼は傷ついている人の痛みを受け止められるか、常に自問自答していました。反抗の象徴とされましたが、実際は純粋でやさしい人。世間からの期待に応えきれなくなったことが、後の悲劇につながった部分もあると思います」

魂を削るようなライブに魅了された

 尾崎との思い出といえば、ライブは外せないという。

「私が最初に見たのは1985年1月の日本青年館でのライブ。表現したいことが体からあふれているようで、ステージに自分の血を塗りたくっているようにも見えました」

 そんな魂を削るようなライブはファンの間でも神格化される。その後、3rdアルバム『壊れた扉から』をヒットさせたものの、20才を迎え、方向性を見失う。そして無期限活動休止……。そんな苦難を乗り越え、1988年に結婚し、翌年に息子を授かる。

「父親の心情を歌った『誕生』という曲があります。それを聴くたび、父になった尾崎さんは、これからどんな歌を作るのだろう—そう思っていたのですが……。“そんなに早く死ぬなよ”と、いまでも思っています」

 死後30年経っても惜しむ心は変わらないという。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン